恋愛ホメオスタシス (リンクスロマンス)

  • 35人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (3)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 火崎勇
制作 : 亜樹良 のりかず 
  • 幻冬舎コミックス (2003年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344803213

恋愛ホメオスタシス (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★4.0。タイトルからして濃厚エロスと屈折愛な内容かと思ってたら、裏社会絡みの結構殺伐とした内容にビックリ。受が復讐に転じるのがちょっと唐突に感じたし、なかなか解けない誤解にヤキモキしたけど、面白かったです。何より例え裏社会の追っ手からの逃亡生活になろうとも、二人を分かつのは死のみという覚悟の愛で、日の当たる場所で幸せになろうとするラストに萌えました。皮膚の感覚はないけど内臓の感覚はある、という設定の生かし方がウマイ(笑)しかしこういう話こそ見たい火崎さんお馴染みの「その後予想」がなかった…!残念。

  • これから先の未来、ずうっと二人が幸せだったらいいな、と切に思いました。

  • 資産家の息子の深沢霜は幼い頃の事故の後遺症で痛感がない。
    真面目な高校生として暮らしながらも不良グループのメンバーとしての顔を持つ。あることから謎めいた男龍と知り合い急速に惹かれあう。
    ところがある日から龍は豹変し霜を無理矢理犯し霜の仲間と龍の過去を知る男を殺し姿を消す・・・って感じですが、痛感のない彼がとても存在感があり引き込まれました。
    私の好きな漫画家さんである亜樹良のりかずさんの挿絵が最高に素敵でした。

全3件中 1 - 3件を表示

火崎勇の作品

恋愛ホメオスタシス (リンクスロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋愛ホメオスタシス (リンクスロマンス)はこんな本です

恋愛ホメオスタシス (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする