Rozen Maiden 2 (バーズコミックス)

  • 1668人登録
  • 3.37評価
    • (138)
    • (94)
    • (737)
    • (5)
    • (2)
  • 57レビュー
著者 : PEACH-PIT
  • 幻冬舎 (2003年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344803404

Rozen Maiden 2 (バーズコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 柏葉巴(同級生)に拾われた雛苺(悲しさ、淋しさ)。ドールはゼンマイを回した人間と契約し、人間を媒介にするが、雛苺は巴の「器」を計り間違え、殺しかける→雛苺は真紅のしもべに。→7体のドールのローザミスティカで1のアリスに。翠星石が「悪い人間」から逃げてくる。

  • 前回の学校の場面から、また沈み込んでしまうジュン。
    そんな中、第6ドールの雛苺(ひないちご)が、ジュンのクラスメイトの巴をマスターとして、目覚めていた…。
    ラスト、第3ドールの翠星石(すいせいせき)が、ジュンたちの前に姿を現す。

    かわいいドールがどんどん増えていって、楽しい^^

  • 434480340x  188p 2005・1・29 5刷

  • 雛苺の登場。怪奇的な登場だったので、幽霊のように人の精気を吸う呪われた人形かと思いましたが、彼女が単に小さくて、マスターとの交流の加減が分からなかっただけでした。
    すかさず仲介と制裁に向かい、雛苺を味方につける真紅。
    しっかりしたお姉さんキャラです。

    アリスゲームから退いたことで、自分らしくのびのびと過ごせるようになった雛苺。
    更に、双子のオッドアイズの翠星石と蒼星石も登場して、一気にローゼンメイデンたちがあつまった、豪華な巻になります。

    嫌われ役の水銀燈も登場するし。
    人形同士の真剣なやりとりに引き込まれて、夢中で読みました。

  • 真紅の可愛さときたら・・・。

  • 【Y】

  • ひとりぼっちで迷子の雛苺。赤ちゃんの時間はもうおしまい。真紅なりのゲームのやり方。優しさと姉妹愛のかたち。さぁ、皆でお茶を。そして親方ー!空から翠星石がー!

  • 真紅達の世界が好き。
    絵が綺麗。

  • 雛苺登場の巻です。翠星石と蒼星石も登場します。

全57件中 1 - 10件を表示

PEACH-PITの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Rozen Maiden 2 (バーズコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする