ムーンリット・ラプソディ (リンクスロマンス)

  • 68人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (5)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 水壬楓子
制作 : 白砂 順 
  • 幻冬舎コミックス (2004年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344804883

ムーンリット・ラプソディ (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハルくんがちょっと生意気でかわいいです。

  • 今回は受がコウモリ。人間がコウモリになるんじゃなくて、コウモリが人間になってる話です。
    このコウモリ。少し莫迦です。もとがコウモリのせいか、ちょっと思考回路が普通じゃないのでそう感じるのかも知れません。

    が。
    良い味出してまして、非常に楽しく読むことが出来ました。
    受のハルの食い意地がものすごく張ってます。
    森の木の実をつまみ食いして、毒に犯されるようなアホっぷり。
    途中から、なんだかシリアスな展開になってきますが、基本は
    やっぱりアホ……読んでて力が抜けることが多々。
    とにかくハルが可愛い。
    ちょっと莫迦な子が、結構好きです。

  • ◆ ムーンリット・シリーズ-04

  • 今までのムーンリットと違って、動物から人間への変化のお話。こうもりさん。<br>
    中々おもしろかった。<br>
    冬眠の邪魔をしても大丈夫なのかなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

水壬楓子の作品

ムーンリット・ラプソディ (リンクスロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ムーンリット・ラプソディ (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ムーンリット・ラプソディ (リンクスロマンス)はこんな本です

ムーンリット・ラプソディ (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする