特務咆哮艦ユミハリ 1 (バーズコミックス)

  • 54人登録
  • 3.62評価
    • (8)
    • (1)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 富沢ひとし
  • 幻冬舎コミックス (2005年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344805750

特務咆哮艦ユミハリ 1 (バーズコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オープニングから持って行かれる。鎧武者と大正時代の船上合戦。グロいのに、主要人物たちがひたすら可愛い(若干、歪みというか、カイカイキキに出てきそうな少女感だけど)ところの違和感が非常に気持ち悪くて頭がくらくらする。時空もの、自分たちが存在した時間を争っての戦争。とにかく造形の気持ち悪さが最高。こんなものを作り出せるのは富沢ひとししかいない。1ページ1ページがショッキング。顔を持って行かれるのは、年齢が低い人にとっては一生のトラウマになろう。なぜ新世界よりをこの人が描かないのか。描くべきだ。

  • 世界観の発想が素晴らしい。<br>
    歴史上最も力を持った時代の人間が生き残りをかけて戦う「時間戦争」のお話。<br>
    見たこともない古代生物や人間の未来のあり方の表現、全てにおいて新しい。<br>
    今後の展開に期待です。

  • たまに会社で『ミルククローゼット』の子供の真似をしますが誰も分かってくれません。

全3件中 1 - 3件を表示

富沢ひとしの作品

特務咆哮艦ユミハリ 1 (バーズコミックス)を本棚に登録しているひと

特務咆哮艦ユミハリ 1 (バーズコミックス)はこんなマンガです

ツイートする