知ってるようで知らないものの順序

  • 60人登録
  • 3.04評価
    • (1)
    • (5)
    • (18)
    • (2)
    • (2)
  • 8レビュー
  • 幻冬舎コミックス (2005年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344805866

知ってるようで知らないものの順序の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャンル問わず、ものの順序について書かれていて、非常に楽しく読みました。これは、たまに見て、知識を染み込ませたいかも〜。

  • エレベーターの上座・下座,鯉のぼりの順序、役職・階級、紅茶のグレード、紅茶の淹れ方などの正しい順序が紹介されています。紅茶が10ものグレードに分かれていることをご存知でしたか。他にも常識として知っておくべき順序から「これ知っていて何になるの?」というものまで様々なことに関する順序が紹介されています。
    (創造エネルギー専攻 M1)

  • サラッとおさらい、ひまつぶし♪

  • 内容としては7割方マナー本だが、「順序」というキーワードで見ると多少「へぇ〜」感が増している。言い換えれば、順序が必要になる場面は、目上の方と接するときや作法の中がほとんどということなんだろう。
    天使の順位なんかは面白かった。

  • 天使に順序があったなんて!シリーズ中で一番好き。

  • 一度では覚えられないが、ぜひ知っておくべきこと。
    絵でぱらぱらと見られるのが良い。


  • ためにはなったが、後々おぼえるかどうか・・・

  • 絵でぱらぱらーっと見れる、いろんな物事の「順序」についての本。

    お焼香の仕方、とか玉串の儀の順序、とか
    いざというときに毎回 「?」 となるものを確認できておもしろかった。

    さらっと。

全8件中 1 - 8件を表示

ことば探偵団の作品

知ってるようで知らないものの順序を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知ってるようで知らないものの順序を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知ってるようで知らないものの順序を本棚に「積読」で登録しているひと

知ってるようで知らないものの順序はこんな本です

ツイートする