カテゴリ:フリークス 3 (バーズコミックス)

  • 111人登録
  • 3.41評価
    • (11)
    • (11)
    • (56)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 極楽院櫻子
  • 幻冬舎コミックス (2006年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344807464

カテゴリ:フリークス 3 (バーズコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • vol.3
     act.11 ケース:ブラックフリークス03
     act.12 ケース:昭和編/アマビコ事件・序
     act.13 ケース:昭和編/アマビコ事件・1
     act.14 ケース:昭和編/アマビコ事件・2
     act.15 ケース:昭和編/アマビコ事件・3
     act.16 ケース:昭和編/アマビコ事件・4
     act.17 ケース:アンデッドの女
     act.18 ケース:うさぎの晩餐会
      ☆囮大作戦で、ブラックフリークス退治も完了し、一段落。
       昭和編は、泉水が話す、事務所の成り立ち話し。
       70年程前、浅葱達が特高第四課として活動していた時の事件。
       尚且つ、実は天野の成り立ち話しだったり。
       そして、浅葱は眼鏡っ子が昔から好きだったそうな。(笑)


    いつかアニメ化して欲しいなぁ、と熱望している作品。
    もちろんキャストはドラマCDと同じで!!

  • 不思議なマンガ。
    ミステリ系でホラー系。
    超常現象を取り扱うお仕事をされている面々。

    1巻目はとりあえず色々お披露目。
     浅葱と泉水、まひめちゃんの二重人格ありなのかなぁ?
     トキコ(兎姫古)が非常にカワイイ。
     多分主人公の天野尚喜。
    2巻、ちょいとスプラッター系。同業者『真朱(まそほ)』と『鳩羽(はとば)』登場。
     そして『東の御方』も御登場。趣味の女装はカッコイイ。
     ハイヌウェレ関係として、3巻目に続く。
    3巻では昔話を披露。御方と浅葱の親子という事実に納得した。
     が、実は天野君の出生っつーオチで((((((^_^;)
     後はサラッと読めちゃう。

  • 続きが出さえすれば申し分ない漫画

  • 御方!!

  • 《公式》

    unkown

    《私的見解》

    ハイヌゥレは一応の落ち着きを見せ闇に蠢く。
    物語はいったん過去語りへと進み。
    あのものの成り立ちを語るのだった。

    ウサギさんが大活躍の番外編もありますよ。



  • ハイヌウェレ編は一応終結。大正ロマーン。

  • 1〜3巻までまとめて読んでみたんですが、私ってやっぱり異形ものが好きなんだな〜と実感。

  • ホラー物です。御方すきー。セーラーなんだぜ!今回は浅葱の過去話がメインでしょうかね?天野のルーツを見てみましょう。腹ペコ兎の晩餐会。

  • ハイヌウェレ編完結&過去編&番外編(?)と言うお得な巻。1巻2巻ではなかった人物紹介も載ってます。御方は今もセーラーですが70年前もセーラーでした(笑)番外編の兎達が可愛過ぎる。

全11件中 1 - 10件を表示

極楽院櫻子の作品

カテゴリ:フリークス 3 (バーズコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カテゴリ:フリークス 3 (バーズコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カテゴリ:フリークス 3 (バーズコミックス)はこんなマンガです

ツイートする