BL新日本史

  • 175人登録
  • 3.40評価
    • (12)
    • (13)
    • (48)
    • (4)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 堀五朗
  • 幻冬舎コミックス (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344808577

BL新日本史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ものの見方の一つとして・・・

  • この本の帯には「日本の歴史は男同士の愛によってつくられた!!」と書かれている。
    読んでみて、確かに歴史の裏に男同士の愛があったかも知れないがそれによって歴史が作られたとまで言うのは言い過ぎではと思う。
    やはりトンデモ本に分類される。

  • 絵師さんが好きで購入。なかなか興味深い本だった

  •  作者が男性のせいか(違うかもしれないけど)、BLというタイトルからは想像もできないマッチョな世界でした。
     確かに男性同士で恋愛してたら、男社会になるし、権力争いも生まれるよね。危険。

     史実を引用しているけど、注意深くBLじゃないエピソードは取り除かれているので、かならずしも真実とも言い切れない。
     作者さんがネタとして楽しく書いている本である。面白かった。

  • bl視点から見る歴史、隠された真実(誤)面白かった☆

  • 腐女子ってスゴイな・・と。

  • 内容は偏ってるが、新しい見方で歴史を探求できる。

    なんたって、覚えやすい!(おい

  • 全部を鵜呑みには出来ない、っていうかしちゃいけないんだろうけど、こういう側面から歴史を考えるのも楽しいと思う。九州男児さんの描く小姓がかわええ。

  • 回送先:目黒区立目黒本町図書館

    本書の影響だろうか、参考文献に「祭りあげられた」氏家幹人が自著『サムライとヤクザ』で、本書の名前を出さずとも暗に「とんでもない誤解のせいで困っている」的なことを述べて批判しているのだが、一読してさもありなんという印象は拭えない。セクシュアリティと歴史学をかなり混同して使用している上、浅はかな知識のオンパレードでしかないからだ。これでは、「新しい歴史教科書をつくる会」の「ちょっとはマシバージョン」(ホントに!)のそれでしかないと言われても誰も納得してしまうだろう。

    評者としても本書は評価できない部類に入る。というのも、「男色」や「Unspeakable(語られないという意味、転じて同性愛者の意味でもある)」というものの「行為」の前に眼が眩み、安易に「伝統」や「固有の歴史」を持ち出して周回遅れの自慰を行っている(だから「つくる会」と同レベルなのだ)のとだけでしかないのだ。「伝統」なるものが構築されるものであることは、すでにベネディクト・アンダーソンによって22年前に明らかになったが(気になる人はベネディクト・アンダーソンの『想像の共同体』を参照のこと)、堀は一切そのことを認めようとしないばかりか、下手をすると同性愛者でさえ眉を顰めかねないことをさらっと言ってのける(評者自身ゲイであるが、あまりの酷さに唖然としている)。自分は同性愛者の事をわかっていますよというパフォーマンスをしておきながら、無自覚な同性愛嫌悪をやるタイプの最悪の事例(似たような「患者」の多くにBL作家がいるのだが、なるほどそういうことなのかと理解できる)として本書が機能しているのだとしたら、どこまで堕ちていくのだろうか。
    また、堀の誤読は、なにも氏家幹人だけではない。稲垣足穂もやはり誤読している(『少年愛の美学』を真正直に読んでしまった人がやりがちな誤読で自爆するケースの王道を見事にやってのけた)。こうした誤読の上に本書が成り立っており、セクシュアル・マイノリティ当事者のみならず、研究者から見たら「どこをどうしたらこうなるの?」と言いたくなるような間違いが本書には大量にあるので、そこを発見しながら別のアングルから読み直すという作業を強いられる。

    男色の主体は誰だったのか? 衆道の主体は誰だったのか? 少年愛の主体は誰だったのか?(稲垣はいないと言うが堀の読みでは「いる」ということになっている!) 
    本書を一言で批判するならば、この部分の整理が行えていないことに尽きるだろう。よくもまぁ、こんな本を出せましたこと。

  • 表紙がそそりますなw
    一回は読みたいが、いったいこれはどこで買えるんだ?
    どこを探しても見つからないがww

全31件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
日丸屋 秀和
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

BL新日本史に関連するまとめ

BL新日本史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BL新日本史を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする