籠の中で恋を唄う (リンクスロマンス)

  • 46人登録
  • 3.32評価
    • (2)
    • (6)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 柊平ハルモ
制作 : 佐々 成美 
  • 幻冬舎コミックス (2006年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344808720

籠の中で恋を唄う (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 父親の遺言のせいで、
    後見人をすることになった淳規×遺産相続人・恵のカップリングです。
    ちょっと紫の上を育てるみたいな要素ありのお話になっています。
    外界と隔絶して生活させられていたという設定は、
    オオカミ少女?的な要素もあります。

  • ジャケ買い。でも物語はじっくり進むので、「恋愛の過程」を楽しめると思う。受がやたらと子供っぽいのも、きちんとした理由があるし。昨今のBLものはエロ満載だけど、この本はHシーンが最後だけなので、好感が持てる(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

柊平ハルモの作品

籠の中で恋を唄う (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

籠の中で恋を唄う (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

籠の中で恋を唄う (リンクスロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

籠の中で恋を唄う (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする