マスカレード (リンクスロマンス)

  • 56人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (3)
    • (18)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 華藤えれな
制作 : 亜樹良 のりかず 
  • 幻冬舎コミックス (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344809895

マスカレード (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「マスカレード」
    著者 華藤えれなさん LYNX(リンクスロマンス)

    三人称単視点(受)
    「受」→私
    「攻」→私

    【プチあらすじ】
    経済学者の秘書受(元助教授)×侯爵攻

    日本で恋も地位も失い、家族からも見放され、逃げるようにニースにやってきた受。
    経済学者として成功している経済学部教授の秘書として働いている。
    その教授の代理として出席した仮面舞踏会で、侯爵と呼ばれる男と賭けをすることになり、負けた受は侯爵に躯を奪われ……。

    【プチ感想】
    侯爵である攻が、べつの顔で受の前に現れる設定が萌え♪
    同一人物とは知らず、二人に惹かれる受の苦悩がこれまたナイス!
    心を閉ざしていた受が、攻によって次第に自分らしさを取り戻し、ラストはもちろんハッピーエンドw
    カジノ(カードカウンティング)、仮面、エキゾチック、このキーワードが好きな方は楽しく読める作品です♪

  • 日本で恋も地位も失い、ニースにやってきた経済学者の有本淑貴。大学教授の秘書を務めながらも人との関わりを恐れ、無気力に日々を過ごしていた。そんなある日、代理で出席した仮面舞踏会である男との賭けに敗れ、躰を差し出すことになってしまう。関係は一夜限りと思っていたが予期せず逢瀬はくり返され、いつしか淑貴は男の腕の中に安らぎを感じ始め…。名も知らぬ男にもたらされる愉悦に心ごと侵されていく―甘く淫靡なエキゾチックロマンス。

  • ◆ 異国シリーズ-02

  • あり得ないほどゴージャスです。
    ここまで突き抜けてると、返って感覚が麻痺します(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

華藤えれなの作品

マスカレード (リンクスロマンス)を本棚に登録しているひと

マスカレード (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マスカレード (リンクスロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マスカレード (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マスカレード (リンクスロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

マスカレード (リンクスロマンス)はこんな本です

マスカレード (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする