クランクイン (リンクスロマンス)

  • 70人登録
  • 3.82評価
    • (10)
    • (8)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 水壬楓子
制作 : 水名瀬 雅良 
  • 幻冬舎コミックス (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344810006

クランクイン (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第3弾。依光✕千波『ラブシーン』の続編ですね。あの事件から2年後の2人… 依光が大きい男だな、何もかも… これから先傷つく事が沢山あると思う、でもどんな事がおきても2人なら真っ直ぐ前を向いて乗り越えていけるだろうなと思えるラストでした。SSの『PV』を読んでまたホロっとさせられた…

  • 依光、ええ男や~~~!!「今も。これから先も。ずっと千波が欲しい」という依光の言葉がとても響いてきました。クランクインのラストシーンのふたりに感動。この先もいろいろとあるのだろうけど、このふたりなら乗り越えられますね。ラストシーンのふたりの後姿のイラストに、エールを送りたくなりました。

  • 【あらすじ】 暴行、拉致、監禁―スキャンダラスな事件の被害者となった俳優の瀬野千波は、日本を離れてアメリカで演劇を続けていた。完全に立ち直るまでは会えない―そう心に決め、恋人である時代劇役者の片山依光と会わないまま約2年。ところが映画の準主役に抜擢され砂漠での撮影が進む中、突然依光がやってきて…!?傲慢な映画監督・木佐と美貌の人気俳優・野田の掌編も収録。

  • ラブシーン・シリーズ-03

  • 2008年1月25日 大図
    2009年8月16日 再読

  • 前作の続きでしっとり系。
    最後の短編CPが好きなのでそっちも◎。

  • 暴行、拉致、監禁――スキャンダラスな事件の被害者となった俳優の瀬野千波は、日本を離れてアメリカで演劇を続けていた。完全に立ち直るまでは合えない――そう心に決め、恋人である時代劇役者片山依光と会わないまま約2年。ところが映画の準主役に抜擢され砂漠での撮影が進む中、突然依光がやってきて…?
    ■■■
    「ラブシーン」の続きです。間に「ファイナルカット」がありますが、読まなくても今作は読めるかと。前作の「ラブシーン」は全体的に痛くて、千波が可哀想なまま終わってしまい好き嫌いが分かれるお話だったような気がしますが、今回の「クランクイン」は確かに切ない部分はありますが、基本的に二人がラブラブでよかったかなと思います。「ラブシーン」を読んだ方はぜひ。

全8件中 1 - 8件を表示

水壬楓子の作品

クランクイン (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クランクイン (リンクスロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

クランクイン (リンクスロマンス)はこんな本です

クランクイン (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする