純真にもほどがある! (幻冬舎ルチル文庫)

  • 243人登録
  • 3.51評価
    • (17)
    • (32)
    • (55)
    • (7)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 崎谷はるひ
制作 : 佐々 成美 
  • 幻冬舎コミックス (2007年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344810013

純真にもほどがある! (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アツミお姉さまがいいキャラしてる! 面白かったです。

  • 女性のキャラがかっこいい!
    アツミさんがいなきゃ、こいつらウジウジイジイジしっぱなしだ。

  • 隆かわいいな(笑)。
    こんな感じなんだね!
    そしてこんな内容とも思いませんでした!(笑)
    鳥ちゃんのヘタレって結構いいなぁ…。
    カッコつけてないのがいいみたいで、わたし。
    いい声よりもこういうのが好き。
    隆はところどころ孝宏さんみたく聞こえてしまってだな(笑)。
    でもこういう感じの声好きだからもっと聞きたくなった。
    あんまり評判よくなかったアツミはそんなことないかなーと思ったんだけど2枚目でうざいってのわかったわ(笑)。
    そこまで口出ししなくてよかったなーとは思う。
    まぁ年上設定だし目くじら立てるほどではないかな。
    前半の鳥ちゃん視点の時は隆の心境が気になったし、後半は鳥ちゃんの心境が気になってずーっとやきもき!
    そして市来くん!
    もう久々すぎて声一瞬わかんなかったけどすぐ思い出した(笑)。
    しかし兼ね役が近すぎて声もいっしょでちょっと混乱したわ…。
    内容はなかなかな感じだったし、ほどよく切ない。
    後半がとてもヤキモキする感じで。
    アツミさえ乗り切れればこの作品はそんなに苦じゃないと思う。
    崎谷はるひと言えば絡みの受セリフ(エロ目)がキモだと思ってるんだけど、ちゃんとあってわー!ってなった(笑)。
    あんまり隆のBL聞かないからかなぁ…。
    トークはまだ聞いてないけどきっとそこそこ面白いんだと期待してる(笑)。

  • 恋人にフラれて落ち込んだ茅野は飲みまくり、気づけば自室のベッドには見知らぬ男・・・と思いきや、一緒に寝ていたのは幼なじみであり、共同経営者の瀬戸だった。あまりにありえないことに全て目を逸らし、なかったことにしようと思うのに、気づけば「いつも通り」の態度などとれるはずもなく・・・
    ゴタゴタしてくっついて、そしてしっかりしてる瀬戸の方がグダグダになったり・・・という一冊。
    幼なじみから違う関係へと発展する難しい気持ちをうまく表現してると思います。
    面白かった!

  • <CD保有>

  • タイトル:純真にもほどがある!
    著者名:崎谷はるひ
    イラスト:佐々成美
    出版社/発売元:幻冬舎コミックス
    シリーズ名:幻冬舎ルチル文庫
    発売日:2007年05月
    ISBN:4344810015
    税込価格:580円

    ■Story■
    茅野和明は「燃えあがるような恋をしてみたい」が口癖で恋愛依存症。
    ある日茅野は、共同経営者で幼いころからの友人である
    瀬戸光流と酔った勢いでベッドイン。
    思わず「なんでおまえなの!?」と叫ぶ茅野に、瀬戸はそっけない。
    そんな瀬戸が気になる茅野は…!?
    続編「強情にもほどがある!」。書き下ろし「蜜月にもほどがある!」を収録。


    ■カップリング■
    【攻】茅野和明/ちのかずあき(29)ショップ店長
    【受】瀬戸光流/せとみつる(29)ショップ共同経営


    ■感想■
    20年以上も友達だったのに、そんなに簡単に恋愛感情になるものなのか?
    それは…どちらかに薄っすらだけど恋愛感情がないと成り立たないだろう。
    大人になって、様々な知恵や防衛本能が付いてしまった思考で、
    がむしゃらなに色恋に身を投じるのは難しいことかもしれない。
    しかし恋人を半年も放置できるとは…
    よほど自分に自信がおありのようで?と、思ってしまった。
    恋人が恋愛依存症であれば、浮気されるなどと思ったりしないのだろうか?
    きっとそんなことを考えるよりも、現状把握が儘ならなかったのだろう。
    30近い純愛って…なかなか面倒なものだな(笑)

  • 共同経営者で元から一緒に生きる事を覚悟していたような関係、が別の意味で出来上がってしまったら1番の障害は、切り替えるの恥ずかしい!というねww子ども時代の話しに胸が詰まった。

  • 茅野和明は「燃えあがるような恋をしてみたい」が口癖で恋愛依存症。
    ある日茅野は、共同経営者で幼いころからの友人である瀬戸光流と酔った勢いでベッドイン。
    思わず「なんでおまえなの!?」と叫ぶ茅野に、瀬戸はそっけない。
    そんな瀬戸が気になる茅野は…!?
    続編「強情にもほどがある!」、書き下ろし「蜜月にもほどがある!」を収録。

  • ドラマチックな恋愛がしたいと普段から言っている茅野はしかしいつも振られてしまう。そんな茅野が泥酔して抱いてしまったのは小学校の時からの親友で共同経営者の瀬戸。全く覚えていなくて慌てる茅野をしり目に以前と変わらない態度の瀬戸に対して、助かったような気持ちとしかし何か釈然としない気持ちが交差する茅野。

    ヘタレ攻めとツンデレ受け。
    自覚がないまま一生の相手と思っていた茅野は状況を受け入れるまではワタワタしたけど、理由が分かってからは仕切り直して瀬戸を手に入れた。
    茅野のヘタレに対して、瀬戸の純情さが可愛かった。

    Hシーンは崎谷先生にしては少なくネットリ感もなかったけど。何もかもわかっているアサミちゃんが良かった。

    イラスト:佐々成美先生

  • ノベルズ文庫化
    瀬戸さんがすごくいいんだけど、茅野さん惜しい感じで★4
    倒れた後、茅野さんに甘える瀬戸さん、かわいい。

全21件中 1 - 10件を表示

崎谷はるひの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

純真にもほどがある! (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

純真にもほどがある! (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

純真にもほどがある! (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

純真にもほどがある! (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

純真にもほどがある! (幻冬舎ルチル文庫)の新書

ツイートする