世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)

  • 223人登録
  • 3.66評価
    • (24)
    • (37)
    • (48)
    • (8)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 杉原理生
制作 : 高星 麻子 
  • 幻冬舎コミックス (2007年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344811102

世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【あらすじ】
    中学2年生の速水有理は、父親と弟と3人で暮らしていた。やがて3人は父の友人・高宮の家に身を寄せることになるが、そこには有理と同じ歳の怜人という息子がいた。次第に親しくなり、恋に落ちる2人だったが…。怜人との突然の別れと父の失踪から5年後。大学生になった有理は弟の学と2人で慎ましやかな生活を送っていた。そんなある日、怜人と再会するが―。

    【感想】
    切ない

  • 挿し絵作家さんの画風が幼くて、作品世界と
    合わない気がした。
    有理が「ぼくが女の子役だろうか」と思うのは
    新鮮だった。そうだ、背が低い方、外貌だけで
    暗黙の役割を充てられるのは間違いだ。
    こういう逡巡と話し合いの件もっとみたい。
    病弱でおさない弟・学がかわいい。
    ふたりの父親が若い頃の高宮とどういう関係で
    どこまで高宮に許してたのか、死にはどういう
    関わりがあったのかもっと描き込んでほしかった。
    失踪してそれきり、はないだろう。
    こんだけボリュームある本なのに。
    とはいえ、繊細なムードのある文章や、
    洋館の王子様との思い出はすてきだった。

  •  主人公の速水有理は、母親が入院中のため、父親と3人で生活をしていた。
     ところが、母親の入院費など、徐々に生活費に困るようになり、やがて3人は、父親の友人である高宮の家に身を寄せることになる。
     そこには、有理と同い年の怜人という息子がいた。
     怜人には怜人の複雑な事情があり、二人は互いに惹かれ合っていく。
     けれど、有理の母親が息を引き取ったことで、その歪な同居生活も終わりを告げる。
     突然、父親に「引っ越す」と言われ、その裏にある事情までも知ってしまった有理は、まだ子供の自分ではどうすることもできず、父の言うなりになるしかなかった。

     それから五年が過ぎ、有理は弟の学と2人で生活をしていたけれど、ひょんなことから怜人と再会してしまう……という話でした。

     なんというか、重い。
     重いけど、いい話だったんですけど、なんというか、ちょっとキャラがぶれてる人がいたりもしたので、素直にこれはすごい!! といえる作品でもなかったかなあ……と辛口めで。

     まず第一に、怜人のおじさんが、自分はあんなに奔放なのに、怜人と有理の関係を勝手に判断して、勝手に割こうとするのが理解できない。
     あれだけ強行にするからには何らかの感情的裏づけがあったらもうちょっと物語に深みが出るんだろうな……とちょっともったいない気がするのと。
     高宮さんは、ずっと有理の父親が好きだったの? それとも途中から?? という過去の部分がイマイチよくわからない。ずっと好きだったんなら、何で結婚したんだろうって思うんだけど、それより何より、怜人がそのことで自分の存在意義について悩まないことが不思議。
     これって結構アイデンティティに関わる大事な問題だと思うんだけどなあ……と。
     それから、有理の父親があっさり有理と学を追いてっちゃったのも無責任だし、何よりも、何でわざわざ有理が「大学に入ったら東京に行く」と決めてたことを簡単に実行できてしまったのか、微妙に納得ができない。
     有理はさておき、学に友達とかいなかったのかなあ……と。
     五年も暮らしていれば、そこにそれなりに根をはっちゃうものだと思うんだけど、そういうのあっさりおいていけちゃったんだなあ……と。

     全体的にはすごくいい小説だったと思うんですけど、そういう細かいところで気配りが足りないあたりがもったいないなあ……と思います。
     細かいことって言い出すとキリがないんですが、そういうことに配慮した一文があるかないかではまったく違うので、大事にしてもらえたら嬉しいな、と思います。

  • 本の厚みにびびってたけど、納得の内容でした。同人誌で番外編があるみたいで、読んでみたいなー。

  • 初読み作家さん。

    攻め:高宮玲人
    受け:速水有理

    母が入院しているために父と弟と肩を寄せ合うように生きていた時、父の昔からの友人・高宮家に間借りするようになった有理たち父子。
    その家はその高宮さん、有理と同じ年の玲人が住んでいた。
    最初はお城のようなその家にも高宮さん親子にも違和感を感じていたが、馴染むようになり、玲人とは恋愛関係に。
    しかし、母が亡くなり父が高宮さんを裏切っていたことを知る。そして急な引っ越し。
    父の実家に戻ってほどなくして父が失踪。玲人に会いたいと思う有理は、、。



    CDが出ているのでそれを聴きたいがために読もうと思った作品。
    終始有理の一人語りと言う視線で語られていき、しかもその内容が幸福だった頃よりは切なくて切ない思いが切々と語られる。
    BLなんだから最後は甘くなることは分かっていたのと、キリキリした切なさ(絶望みたいな?)が見えなかったから読めた。
    あれ、某別な作家さんだったら、更に追い打ちをかけるような不幸を用意しただろうと思う。良かった、そこまでの辛さじゃなくて。
    どうやって二人の仲が近づいていくのだろうと、滔々と語られる先がもどかしいくらいの切なさだった。
    読み終わって、「はぁ~読み切った」という感じに脱力しました。

    これは内容(心理描写)が濃いだけに、先にCDを聴いておくべきだったなと、途中から思ったけど、まさか途中で投げ出してCDに行くわけにもいかず、、、。
    さて、今からCDに行きます。立花慎之介×鈴村健一、どうかな??


    追記:CDを聴きながら思い出したので一言。
    高宮さんとお父さんの関係を知りたかったかな。まぁ、Bad endになっちゃうんだけど。
    高宮さんが可哀想すぎたなって。死なせなくても良かったような、、。

  • ★3.5。想像以上に重くてビックリしつつも、そんなに暗くならず萌え。幼なじみ、再会愛は鉄板!中学生らしい初々しさと熱さも良かったなあ。ちょっと長くてちょっとダレかけたけど、飽きずに読めた。しかし、父世代の方がかなりインパクト強く色々想像を掻き立てられたせいで、そっちの方にちょっと気持ちが持ってかれた。受父、酷い親だけど痛ましかった。最愛の家族のためにやつれていった受父の心の内はいかばかりだったのか…。康広や叔母はちょっと中途半端だったな。

  • とにかくこの作家さんの繊細な語り口が大好き。こんなにも不幸がたくさんつまっているのに、それはむしろ儚いような美しさをもった透明な世界。王子様みたいにかっこいい男の子ふたりがお互いを想いあって、大事に大事にしていく。どこか現実味がない、生々しさが全然ない世界観だけど、日々の微妙な心の揺れや感情の揺らぎは、誰でも経験したことがあるような、なつかしいもの。切なくて、やさしくて、ちょっとあたたかいお話。

  • 結構重めな話でした。最後は綺麗なまとまりかた。

  • 突き抜けないけど、これも好きだな〜。父親たちの哀しい背景があっても優しい気持ちになれる。許せるということは愛だなと。

  • せつない

全23件中 1 - 10件を表示

杉原理生の作品

世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする