ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫)

  • 360人登録
  • 3.66評価
    • (32)
    • (42)
    • (67)
    • (8)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 崎谷はるひ
制作 : やまね あやの 
  • 幻冬舎コミックス (2008年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344812918

ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 教員と教育実習生のお話。
    話の展開は好きですし、攻め視点の話も面白かったのですが、途中から…というか、短編二作品がアーで驚きました。わかるけど、美味しかったけどね。
    あとはもうちょっと宇多田さん出してほしかった。なかなかいい人だったし、女子高の年上数学美人教師の正体を知ったらどういう反応するのか気になりました。

  • 話の7割がエロでした。受が面倒くさい系。

  • 嫌いじゃないけど、もちっと明るい話のほうが好き。

  • 薬を盛られ苦しむ咲坂を、イツキは躰を使って宥めてくれた。だが教師と教生としての再会が、二人を泥沼な関係へと向かわせ…!?
    出版社より

  • 一夜限りの相手のはずが、高校の教育実習生として現れた攻めに、狼狽して心無い言葉をあびせてしまう。そこから、手酷いやり方抱かれ続けるが…。お互いを傷つけあう関係に終止符を打ったのは攻めからで、やっと解放された受けのはずなのに、日に日に弱って行く姿が気になってしょうがない。シリアスとラブがちょうどよい塩梅で、はるひ先生らしい良作だと思います。

  • 読んでてイライラするのに、何度も読み返してる・・・

  • 崎谷さんだから読みました。
    うーん・・・まあまあです。

  • これも、CDを先に聴いてしまった話。
    年下攻め大好物なので、それだけで読めるけど、主人公がはるひさん独特のやたら「色々ビクビクしすぎ」なキャラで、そこは微妙だった。イラストレーターが違ってたら読めなかったかもしれない。

    そういうわけで、ゲイであることをひた隠しにして小さくなって生きている女子高の教師と、ホテル街で助けて一夜を共にした年下青年がなぜか、その高校に教育実習に来て!?……のお話は、3/4くらいはかなり痛々しい話なんですが、その後、くっついた後は、攻めが年下なりに一生懸命頑張ってたり、受けが、愛されることに不安を覚えながらもしっかり地に足をつけられてるようになったり、むしろ、後半の短編のほうが楽しめます。

    CDは、攻めの小西さんの演技がかなり好感持てます。一生懸命若くしゃべってる感じはありますが(笑)

  • 不器用すぎる二人に焦れて焦れて、こっちが燃え尽きそうでした・笑 結ばれてよかった!としみじみ思えた作品です!

  • 各章のタイトルがすごい面白くて …下ネタ?

全34件中 1 - 10件を表示

崎谷はるひの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫)の単行本

ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫)のAudible版

ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする