女戦士エフェラ&ジリオラ〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)

  • 31人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (1)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : ひかわ玲子
制作 : 芳住 和之 
  • 幻冬舎コミックス (2008年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344814349

女戦士エフェラ&ジリオラ〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔懐かしい感じ、で流行りものから遠いところにいる。1993年発行の講談社X文庫からの再録。オーフェンやロードス島が人気だった頃の雰囲気がある。剣と魔法のファンタジーな世界で、二人の訳あり女傭兵が冒険する。異生物の描写で見ると似ても似つかないが、バローズの火星のプリンセスを思い出した。

  • かなり前に読んだのですが、今でも好きな一冊です。
    主人公達の生き方や台詞がとてもよく、共感しまくりながら読んでいました。
    大人になってからの私が、再び小説にはまるきっかけを作った作品です。

  • 今は無き大陸ノベルスから出ていたエフェラ&ジリオラシリーズの復活です。
    ひかわ玲子さんの本を始めて読んだのがこのシリーズでとても大好きなお話だったので復活はうれしい限りです。
    改めて読んでみてもストーリーに引き込まれるしキャラクターは魅力的だし、
    やっぱりひかわさんはすごいなあと思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

ひかわ玲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女戦士エフェラ&ジリオラ〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)の作品紹介

ムアール帝国の衰退により、戦乱の波に呑まれつつあるハラーマ大陸。傭兵の元魔道士エフェラと皇女ジリオラは各地を旅する中、グラフトン公園で三つ子の公子と出会う。人間の魂を奪うと伝えられる教団が支配するフォーダ神聖帝国から彼らを救う為、エフェラとジリオラは立ち上がるが…。人気作『グラフトンの三つの流星』と『ムアール宮廷の陰謀』を書き下ろしとともに収録。

女戦士エフェラ&ジリオラ〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)はこんな本です

女戦士エフェラ&ジリオラ〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)のKindle版

ツイートする