ラブ・トライアングル (リンクスロマンス)

  • 40人登録
  • 2.93評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 名倉和希
制作 : 亜樹良 のりかず 
  • 幻冬舎コミックス (2008年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344814639

ラブ・トライアングル (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはすきな3Pもの。包容攻めと年下の
    高校生と親子どんぶり。
    口絵の亜樹良さんのイラストがすごくてびっくりした。
    モザイク入ってるし。

    番外編の同人誌が超エロいと聞いたので、それを買う為
    予備読み。

  • ★4.0。即エロの3P前提ではなく三角関係からの3P大好きです!それなりに恋愛描写もあるのがいい。挿絵の美髭四十路エロオヤジの色気が尋常じゃなくヤバかった(笑)親子丼も子持ち攻も苦手なのに、パパの方がフェロモン垂れ流しの理想的な攻だったので、息子の年下攻的魅力も霞んで完全にパパ派に(笑)惜しむらくは、せっかくの3P、描写は一回戦だけだったけど、パパの手練手管と息子のがっつき感をもっとじっくり見たかったな。SSで息子×受の2Pが見れるかと思ったけど残念…。

  • なんとなく久しぶりに3Pという文字に惹かれて楽しみたいなぁと思って購入。かなり駆る目の設定でしたね。 あれは濃いんだけれど、物語自体はう~んと、かなりライトというか二人の中で揺れ動く葛藤というものは皆無でただ流されている感じがしました

  • 優しく純粋な性格の矢野孝司は理髪店を営んでいる。
    店には近所に住む槇親子が通っており、孝司は探偵業を営む父親の嵩臣と、高校生の息子・克臣から日々口説かれ続けていた。
    ある時、突然現れたヤクザの従兄弟・大輔に店の土地を寄こせと脅される。
    以来、大輔からの嫌がらせが続くが、怯える孝司にカ槇親子は頼もしく力になってくれた。
    孝司は急速に槇親子に惹かれていくが、牽制し合う二人はどちらか一人を選べと追ってきて―。

全4件中 1 - 4件を表示

名倉和希の作品

ラブ・トライアングル (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラブ・トライアングル (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする