真夜中の睡蓮 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 32人登録
  • 2.85評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 小川いら
制作 : 緒田 涼歌 
  • 幻冬舎コミックス (2008年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344814721

真夜中の睡蓮 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ⇒『真夜中の睡蓮』
    『夜明け前の睡蓮』

  • やり手弁護士×華僑(漢方薬店店主)

    チャイナタウンで漢方薬の店を営む主人公は、麻薬密売のトラブルに巻き込まれてしまいます。
    そんな中、なじみの刑事に協力するうちにかかわった弁護士が、「これ以上かかわるな」と忠告してくるが…。

    期待はずれでしたーー!!
    うん、華僑の歴史とかどうでもいいんですよ!
    ちがうよ、くわしく描くとこ間違ってるよ!!
    っていう…。いや、物語が破たんしてるわけでも、妙なところがあるわけでもないんです。
    人物も魅力的だし。
    ただ!!…面白くなかったんです…。

  • シリーズ第1弾

  • 星2.5。小川いらさんには、期待せずに読んで予想外にツボを突かれることがあるので、一応目を通すようにしてるのですが。今作は残念ながら…でした。華僑の世界の事情より、もっと二人が関係を深めていく描写に筆を費やして欲しかった。受けが過去の恋愛に傷ついてる、まだ引きずっている→新しい恋に踏み出すという、ラブストーリーの核になる部分の書き方が甘いので、十分には萌えられませんでした。
    たぶん、次作も目を通すと思いますが…次こそツボを!突いてもらいたいです。

全4件中 1 - 4件を表示

小川いらの作品

真夜中の睡蓮 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする