朧月夜に、あいたい。 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 145人登録
  • 3.66評価
    • (13)
    • (15)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 真崎ひかる
制作 : 宝井 理人 
  • 幻冬舎コミックス (2009年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344815537

朧月夜に、あいたい。 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ん~。表4のあらすじ通り。まぁ、そんな感じですね。 
    想像通り!という感想。

    広重の昼行燈エロキャラは面白かったけど・・・ね。
    昼行燈でほんわり優しい広重さんが、

    あ ん な 人 だ っ た  な ん て !
     
    最高すぎますww
     
    でも、
    繰り返し読みたいか?・・・というと、そうでもないw


    続きがあるよ的なあとがきがありましたけど、友坂(広重の親友)は硬派なノンケでいてほしかったなぁ・・・・。

  • ★3.0。攻の笑顔に私も騙された(笑)不思議系王子様かと思いきやしたたかな変態だった。攻も受もあまり萌えタイプではなかった(むしろ友坂×受の絡みが好み)けど、不思議な空気感で面白い話でした。ところで悪友二人が当て馬にでもなるのかと思ったらいつの間にかフェードアウトしていたという…

  • 面白かったのだがメインの話は★3。
    相原個人に★4です。
    なぜほかの部屋に入れなかったのか、秘密がばれてからの相原は良かった。そこから先をっもっと見たい。テーマが違っちゃうけどね。
    SSもぬるめかな、妄想ではなくてもっとがっつり炸裂していただきたい。

  • ふわりとした、柔らかい雰囲気の小説。
    テンポも良いし、登場する人物達も魅力的!
    表紙、挿絵の宝井さんの絵も綺麗で素敵です。

  • 繊細な柔らかい雰囲気のお話だった。

  • ほんわかと妄想が一緒に出来るいいお話。
    啓杜は、広重さんのそんな一面にいつ気づくんだろう(笑)
    お話し合いのシーンはもっと膨らませて欲しかったな~。

  • 室井さん(イラスト)の本を持っていたので懐かしくなり手にとってみた。
    ピアノが弾けて女装しても似合うツンデレ受けと中性的美人な絵本作家で存外強かな攻めというありそうである設定。
    でも可愛いので良し。
    といった感じ。

  • 表紙が超絶美麗です。宝井さん、やっぱり好きだなぁ。

    内容はほんわかしていて、綺麗で、でも最後は・・・・と良かったです。
    これはぜひ付き合った後の続き物も出してほしいです。

  • 2009/6/25購入。挿絵が宝井さんだと気づかなかった(笑) 珍しいタイプの攻さん。大人×高校生カプ。相変わらず高校生ちゃんが可愛い…!歳の差が結構あるのに、あまり気にならないカプでした。いろいろと気になる伏線やキャラもいたので、続くのかな…と思いつつ読了。有明月に続くと知って、なるほどーと思いました。おもしろかった。和みました。可愛い!

  • 処分済

全15件中 1 - 10件を表示

真崎ひかるの作品

朧月夜に、あいたい。 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

朧月夜に、あいたい。 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

朧月夜に、あいたい。 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ツイートする