ヴァーティゴ (幻狼ファンタジアノベルス)

  • 36人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 深見真
制作 : 沈没 
  • 幻冬舎コミックス (2009年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344816589

ヴァーティゴ (幻狼ファンタジアノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ガンアクションとかワンシーンは強烈で良いのですが他はとにかくつなげてるだけという印象で物語が薄いというか。
    あと絵が少し苦手・・・。

  • 買ったまま放置してたってゆうw
    うん、主人公が凌辱されそうなシーンで本当に凌辱されちゃうラノベなんてフカミン以外なかなかないよね
    内容はなんというかカタカナ多くてよくわからんかった←←

  • (2009.8)

  • 作家買い。でも失敗したと正直思った。
    百合ん百合んでガンアクションでいつもの深見節だけど、何か合わなかった。残念。
    唯一面白かったのは「豊平重工」が出てきたところかな。
    表紙の二人はそれぞれ別の恋人がいるのもYGCっぽくて良かった。

全5件中 1 - 5件を表示

深見真の作品

ヴァーティゴ (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヴァーティゴ (幻狼ファンタジアノベルス)の作品紹介

2030年-極端に治安が悪化した東京。警視庁組織犯罪対策第五課に所属する刑事の夏目静香と新人刑事の羽柴澪緒は、銃器・麻薬密売事件の捜査中、凄惨な殺人現場に遭遇してしまう。ファイトクラブに出入りしている犯人の情報を掴んだ2人は、なりゆきで「レズカップル」として潜入することになったが…。電装をその身に纏った美女刑事コンビが、魔窟と化した東京を華麗に駆ける。

ヴァーティゴ (幻狼ファンタジアノベルス)はこんな本です

ヴァーティゴ (幻狼ファンタジアノベルス)のKindle版

ツイートする