茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 297人登録
  • 4.17評価
    • (49)
    • (43)
    • (27)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 遠野春日
制作 : 日高 ショーコ 
  • 幻冬舎コミックス (2009年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344816862

茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひたすら茅島氏に萌え萌えする一冊でした。
    茅島氏が庭師の実家に行って庶民的なことを
    楽しんでるところは萌えました。
    茅島氏の心が移ってしまったのかも、と言う話は
    庭師以上にハラハラしたかもしれない・・・。
    蓋を開けてみれば何それ可愛い!と悶えたけど。
    とにかくラブラブで可愛いという言葉しか出てこない・・・。
    と思ったけど、聖司との奇妙な友人関係が
    久しぶりに出てきて、やっぱり危うい関係だなって思いました。
    綺麗だからって、キスしないよ、普通。
    そして潔白ってホントかな~。ホントなんでしょうけども。
    ところで検診で同性と関係があることが分かるって
    どんな検診内容なのかすごく気になった・・・。
    月一でそんなことまで調べるの?
    とにかく3巻まですごく堪能しました!
    日高ショーコさんの挿絵も麗しくてぴったりでした。

  • めっちゃ好き

  • シリーズ最終巻。
    は〜よかったー!
    庭師の方が茅島氏を愛してるわねヾ(´︶`♡)ノ 読んでてメロメロなのが良くわかるwww
    巻が進むにつれ無口で無表情だった茅島氏が感情を表す、言葉が多くなっていくのは嬉しかったw
    そして、庭師の為に一生懸命な茅島氏は可愛い♡
    ふたりにはずっとずっと幸せでいて欲しいなヾ(´︶`♡)ノ

    茅島邸…行ってみたいww

  • 庭師の彼が茅島氏にもうメロメロで、
    はたから見てても(読んでても?)恥ずかしいくらいwww

    すれ違いや疑心暗鬼もあるけど、二人が幸せでほんとよかったよ。

     

    また1から読みなおそうかな。

  • この作品を読んでいると必ず紅茶が飲みたくなります。
    ティーポットから美しい花々の描かれたボーンチャイナの白い茶器へ
    熱い紅茶を注いで。
    少し枯れた色になってきた晩秋の庭でテラスから庭を眺めながら静かに過ごす一時は日本にいると難しいです。
    茅島邸ならば可能でしょうね。
    相変わらず頑に庭師を愛していて、自分ばかりが彼を愛していると思い込んでいる澄人さんの不器用さが可愛らしい。
    高貴なお育ちからか、すこし風変わりな行動に出てしまう澄人さんが今回は黙って彼の故郷へ一緒の飛行機でついていってしまった事に子供っぽい執着を感じた。一緒にいたかったんですね、彼と。
    ですがそれで彼の逆鱗に触れてしまい、空港でぶたれた時は驚愕しました。
    澄人さん、初めてぶたれたのではないかしら〜。
    一悶着はあってもそこは凡人とは違う澄人さんのした事ですし、一緒にいれば絆されて結局熱い夜を過ごしてしまいます。
    「お前になら何をされてもいい。」と本気で言う澄人さんの固い意志と愛情に毎回心揺さぶられます♪〜

  • シリーズ最終巻。

    庭師の帰省に黙って付いて行く茅島氏、
    氏と庭師のすれ違い、
    氏と庭師のクリスマス、
    氏と聖司の不思議な交友、
    氏の誘惑と熱情、

    っていうラインナップの連作短編でした。

    実家で、懊悩しながらも氏を精一杯可愛がる庭師さえ、愛おしくなってきてしまった…

    もう、茅島氏が幸せならばなんでもいいんじゃないか、と思わせてくれる氏を堪能できるだけでもこのシリーズを読んでよかったなと思います。

    波多野や小泉と一緒に、
    氏の幸福と、ふたりの明るい未来を、
    見守りたくなる本でした。

  • 茅島氏の可愛さにじたばたしながら読んだこのシリーズ!!!!すっごい萌えた!!!!!もうかわいすぎ!!!!!!

  • リーフノベルズ「茅島氏の優雅な生活3」の文庫化
    イラストレーター変更・書き下ろしアリ

    ・初出 
    彼と浴衣と線香花火……リーフノベルズ「茅島氏の優雅な生活3」(2002年9月) 
    すれ違い……リーフノベルズ「茅島氏の優雅な生活3」(2002年9月) 
    Anniversary……リーフノベルズ「茅島氏の優雅な生活3」(2002年9月) 
    おともだち……リーフノベルズ「茅島氏の優雅な生活3」(2002年9月) 
    茅島氏の誘惑と熱情……同人誌掲載作品を大幅改稿

  • おおっぴらに表面には出ないけど感情が豊かになってきて、語彙も増えてきて、でも突拍子のなさは相変わらずで…どんどん可愛さを増していく茅島氏に、庭師がメロメロになっちゃうのも納得。庭師の両親に茅島氏を紹介するとか、友達を呼んでガーデンパーティとか、まだまだ続きが読みたいです。これで終わりとは残念です。

  • 全3巻。庭師×若き当主。独特の雰囲気を持った茅島さんを囲む暖かい雰囲気と、庭師との恋が徐々に深まっていくのが読んでいるこちらも、よかったなーと心からそうおもう作品でしたね。この巻で終わりですが、何気ない日常編とかもう少し続けて読みたいですね。

全16件中 1 - 10件を表示

遠野春日の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫)の単行本

茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする