不機嫌で甘い爪痕 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 576人登録
  • 4.04評価
    • (74)
    • (81)
    • (60)
    • (3)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 崎谷はるひ
制作 : 小椋 ムク 
  • 幻冬舎コミックス (2009年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344817098

不機嫌で甘い爪痕 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズはもう何度も読み返してて、とにかく疲れた心に染み渡る甘さがたまらない作品。崎谷はるひ作品中最も読み返してると思う。ワンコな年下攻めにツンデレ美人受けというCP設定の神っぷりもさることながら、社会人BLとしてお仕事描写もそれなりに多く、しかも二人とも大人なのできちんとお互いを思いやっていて、人間関係としても素晴らしい。しかしお仕事描写を読むにつけ、女性はBLを通じてお仕事について書きたいし読みたかったのだ、という欲望を成就させているように思う。

  • 噂の崎谷さんに初挑戦。

    宝飾業界大手の営業マンと、
    美人なジュエリーザイナーさんのラブストーリーでした。

    なんつーか、ええと、

    エロが長え。

    エロスにページを費やしているものを、
    あんまり読んでいないので、
    たまにがっつり来ると、
    なんつーか、戦きます。

    そのへんはもう読むの疲れたりしないこともなかったけど、
    宝飾業界のこととか書き込まれていて、
    このジャンルは意外と珍しい業界を扱ってくれたりするので、
    そのへんおもしろかったなあと思いました。

  • 年下ワンコ(可愛い系と見せかけて情熱派)×年上正統派ツンデレ。安心して読めます(笑)

  • 年下ワンコリーマン(謙ちゃん)×年上ツンデレデザイナー(颯生)
    ツンデレはいいですね。ワンコ攻めもいいですね。
    颯生はあまりいい恋愛をしてこなかったためか、謙ちゃんに素を出せないところが可愛く、歯痒かったです。
    物語に大きな起伏はないのですが、2人の優しく細やかなやりとりがよかった!相手を思いやるって大切ですよね~。
    そして謙ちゃん、かっこよかったです。やるときゃやる男ですよ、彼は。
    最後に、Hシーンが濃厚ですね!さすが崎谷さん。竹倉の頭は沸騰ですよ。ぐつぐつですよ。ごちそうさまでした。

  • 宝飾関係のお仕事の内容をガッツリ書いていて
    読みやすくて面白かったです。
    そして、特殊なプレイがあるわけではないんですが
    エロシーン長くて濃いですね。
    ヘタレワンコっぽいのかな、って思った年下攻めが
    意外と芯が強くてしかもわりとケダモノだったのが
    いい感じでした。
    受けは典型的なツンデレ美人受けかな。
    後半は受け視点で進むので、ツン部分は
    ほぼないですが・・・。
    オチが笑いました。続刊があるのですね。
    読んでみたいです。

  • ☆ノンケの謙也はゲイの颯生に興味を持ち始め身体からスタートしてしまう。宝石業界で働く誠実でエロな好青年と色っぽい美形男子がごくふつーに愛を深め合っていくお話し☆

    ほんわかラブです♡

    爽やかな好青年が颯生の色っぽさにムラムラし、同性だってこと関係なしにガツガツ喰いつきます。
    謙也がイメージと違いエロ大好き!なのも相手が颯生だからこそ(^◇^)

    ジュエリーの仕事模様も新鮮でBLとしてでなくても楽しめると思います。

    「敬語の仕事相手」から、「お互いでないとダメ」な存在になるまで。
    そんな普通の恋愛模様をお楽しみください(^ν^)☆

  • なぁんかやっぱりじんわりエロかった。
    謙ちゃんの献身っぷりと、颯生のツンデレ具合がなんともかわいいんだな。
    えちぃの際のバカップルぶりもまた2828してしまうんだよ。イイ!

  • ツンデレでゲイの颯生とノンケの謙也。
    ゲイサイトを見てから颯生を意識するようになった謙也。
    身体から始まり、恋人になるまでのストーリー。

    個人的には、謙也が元彼を言葉でやり込めるシーンが爽快でした♪
    不機嫌シリーズ一作目。

  • ジュエリー業界社員×デザイナー
    んもう!!めっちゃ好きでした!!
    颯生かわいし!ツンデレのようであんまツンツンしてないんだけどね・・・!
    謙也は颯生がゲイだという噂を聞いてからというもの、そのことが気になって仕方ない。
    仕事関係では恋愛をしないと決めている颯生も心の中ではファンである謙ちゃんのいつもと違う様子に気づいて、飲みに誘う。そして謙ちゃんのボンヤリの理由を知った颯生は・・・。
    自分のセクシャリティに諦念とかそういうのがある颯生と好奇心と相手への好意しかない謙ちゃんの相互不理解がいろいろ巻き起こしてます。
    でも基本的に謙ちゃんが甘々なので、颯生もがんばれちゃう感じでいいです。
    もっと颯生が甘えてるとこが見たかったけど、続くのかな、これ。次回楽しみな感じで。今回はもちろん仲良しなんだけど、始まったばっかの二人の話です。
    いいなー、謙ちゃん・・・

  • 不機嫌シリーズ第一弾
    崎谷さんの作品なので期待していたんですが、期待通りでした!
    年下わんこ×ツンデレ美人
    お試しで寝てしまってから付き合いはじめるのですが、そこが暗くならずにさくさく読めました
    ラブコメだそです(笑)
    謙也の包容力がすごい
    あんな甘やかしてくれる彼氏がいたらそりゃあベタ惚れになりますよ!

    宝飾業界のことも詳しく書かれているので、そこも楽しいです

全39件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

不機嫌で甘い爪痕 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不機嫌で甘い爪痕 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不機嫌で甘い爪痕 (幻冬舎ルチル文庫)の新書

不機嫌で甘い爪痕 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする