帰る場所 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 115人登録
  • 3.66評価
    • (7)
    • (17)
    • (13)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 椎崎夕
制作 : 竹美家 らら 
  • 幻冬舎コミックス (2009年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344817128

帰る場所 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 桃子が立派!
    享子さんといい、女性がしっかりしているイメージがあります。
    ウジウジ考えちゃう玲一ストーリーの中に、享子(と私的には榊も)がいいメリハリきかせてるな~と言う感想です。
    「最後までいたさないのね~」と思っていましたが、続編がありますね。
    ラストに出てくる梶原が、妙に気になります。

  • 玲一が亡くなった姉から引き継いだカフェの前に倒れていた男は自分の帰る場所がわからないという。
    仕方なくがいつのまにか居ついてしまった西崎を嫌いにはなれなかったが、彼を見ていると征一を思い出す。征一は死んだ姉の夫であり、一緒に暮らす姪の父親ではあるが、彼もまた記憶を失ってカフェに拾われた男で、そして一緒に暮らして2年後に行方を眩ませたのだった。
    そんな折、土地買収に絡んでイヤガラセを受けたり、姪の父親で死んだという「征一」の父が姪を引き取りたいと言ってきたり。すべてを自分でどうにかしようとする玲一だったが、なかなかうまく事は運ばず・・・。
    結局玲一と西崎は「くっつく」というところまでは行きませんでしたが、十分に読み応えのある一冊でした。玲一も極端に卑屈というワケでなく、まわりの人も極端に親切というワケでもなく。
    自分の立ち位置で精一杯がんばる人たちの物語になっていると思う。続編でラブラブに期待。

  • 姉の残したカフェを経営し姪を育てる話。
    雰囲気は漂えどなかなかBL展開にはなりません。最後までいかないし。主人公は自虐的だが話は面白かった。

  • 09年7月刊、腐倉庫蔵書続編あり

  • 途中、さらりと転換する場面に一瞬ついていけない事がありました……。所々で状況が判り難い部分があったのが非常に残念。
    それでも、主役は勿論、脇を固めるキャラクターの描き方がとても上手いんだと思いました。時に主人公を喰う程個性が強かったりするのも、魅力の一つなんでしょうね。
    おばあちゃんとの遣り取りが胸を衝きました。

  • 受、不幸設定だな…そして不幸に向けて突っ込んでいく。
    この巻だけではハッピーエンドでなくて続編あり。

  • アニメイトで表紙見て一目ぼれして
    どっかで買おう買おう思ってた作品。しかし未だ積読状態。

  • 攻の忍耐力がすごいこと(笑)。ずっとお預け状態をくらっています。
    受は健気で椎崎さんらしいなーと思いながら読んでいました。姪っ子が可愛い。

  • 2009/7/31購入。椎崎さんらしい受ちゃん(主人公)が不幸設定なお話。不幸というか不憫…出来ればもう少しいちゃいちゃしあわせなエンディング追加がほしかったかも。

全10件中 1 - 10件を表示

椎崎夕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

帰る場所 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帰る場所 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帰る場所 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

帰る場所 (幻冬舎ルチル文庫)の新書

ツイートする