放課後のラブコール (リンクス・コレクション)

  • 168人登録
  • 3.11評価
    • (2)
    • (13)
    • (32)
    • (9)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 北沢きょう
  • 幻冬舎コミックス (2009年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344817289

放課後のラブコール (リンクス・コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北沢さんの描く美人さんが大好きです。
    表紙に好物のメガネ&ネクタイ姿の美形が描いてあったので、衝動買いしました。

    このコミックの半分以上は、表題作を含むシリーズで占めています。
    高校教師・上田の悩みのタネは、ヤクザの息子・武蔵である。
    武蔵があまりにもサボるので、学校側は親を呼び出すことにした。

    武蔵の父・一志は美形だったので、上田は一目惚れをする。
    上田はゲイで、学生時代に好きだった相手から拒絶されたトラウマがあります。

    呼び出し以来、上田は一志とコンタクトを取るようになる。
    表面上は息子の相談だが、一志の過剰なボディタッチや食事の誘いにドギマギする。

    ノーマルだと思っていた一志は、バイでした。
    さすがは息子というか、武蔵もバイです。
    「息子に色目を使っている」と言って妬く一志が怖かったです。

    上田先生の見た目はモロ好みでした。
    クールビューティかと思っていたら、人が良さそうです。
    美人なので女性にモテモテですが、自分を過小評価しているので本人は気付いていません。

    一志さんよりも武蔵くんの方が好きでした。
    だって、可愛いんだもん。
    一志さんはヤクザなので、敵に回したら怖いです。
    一方で、息子ラブでもあります。

    Hシーンは、痛々しい印象があります。
    ラブラブな感じのシーンもありますが、無理やり突っ込んだシーンのインパクトが大きかったです。
    本のカバーを外すと、エロいサービスカットがあります。

    あとの三作は学生同士の話で、可愛らしい内容もあります。
    一番印象に残ったのは、下克上ものでした。

    小学生の頃に子分扱いしていた同級生が、学校が離れても付き纏ってくる。
    主人公はウザいと思いながら女のコと帰っていたら、逆襲に遭ってしまった。

    子分だと思っていたコがベッタリしてきたキッカケは、主人公の無茶振りによる事故だった。
    結局、復讐なのか、事故で頭がショートして恋愛モードになったのかは分からない。
    でも、復讐でフェラはしないよなあ。

  • 学生時代、想い人に拒絶されて以来、恋に臆病になってしまった高校教師の上田渉は、教え子の父親で、ヤクザの一本木一志に、一目惚れしてしまう。いけないと思いつつ、甘いマスクの一本木に、幾度となく優しい言葉をかけられ、陶酔してしまう上田だったが——⁉

  • タイトル作品を含め、7編収録されています。
    約半分がタイトル作品のカプ、ヤクザ×教師のお話です。
    生徒の親とできちゃうっていう展開です。
    ほかお話も学園ものなので、
    若いカプのお話が好きな方はお好きだと思います(^^)

  • 息子の方が好みですっ

  • ヤクザモノって設定だけど、父ちゃんヤクザに見えないし。ドSな面は見せてくれますけどね。設定もお話も中途半端な感じかな。楽しめないわけではないけれど、物足りない。どうせならカバー下にあるように親子攻めで3ぴーとか、親子で取り合いバトルとかで楽しませて欲しかったかな。

  • 保護者×先生っていいですね(笑)一志色っぽい〜wしかもこの人なんかコワイ;そんな彼の罠にまんまと嵌まった先生(笑)一志の息子・武蔵を絡めた関係がもっとあれば良かったかも。カバー裏の萌えました(笑)『甘い甘い蜜と罰』、甘さが全くなくて、終わり方がなんかホラー(苦笑)

  • カバーを外すとまさかの !

  • ヤクザ×高校教師のお話。
    カバー裏のお話是非描いてくれないかしらとこっそり思っているのですが…笑。
    息子が良い味出してます。

全10件中 1 - 10件を表示

北沢きょうの作品

放課後のラブコール (リンクス・コレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

放課後のラブコール (リンクス・コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

放課後のラブコール (リンクス・コレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

放課後のラブコール (リンクス・コレクション)はこんなマンガです

放課後のラブコール (リンクス・コレクション)のKindle版

ツイートする