花冠のセオリー (幻冬舎ルチル文庫)

  • 51人登録
  • 3.76評価
    • (4)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 染井吉乃
制作 : 街子 マドカ 
  • 幻冬舎コミックス (2009年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344817456

花冠のセオリー (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【※BL注意】

     各々が特別な能力を持つ者たちで構成され人材派遣会社「愛こそすべて」。
     そのナンバーワン社員・稲嶺剣は、社長から社員に必ず与えられているはずの一ヶ月の休暇も返上で、次の派遣先に向かわされることになる。
     その派遣先とは、事業を営んでいた両親を火事で亡くした高校生・至誠の元。
     依頼内容は、至誠に「本当の恋を教えること」。
    「恋愛をしたい」という内容でもなく、また、自分を指名してきたのにも関わらず、至誠はなかなか至誠と目すら合わせようとせず、触れ合うことなんてもっての他。
     それならばなぜ、自分を呼んだのか理解できずにいたが……

     という話でした。
     実は至誠と剣は以前にも会ったことがあり、その時の思い出を頼りに、至誠は最後の「思い出」を作りたくて剣に依頼をしたのだけれど、その真剣な想いには実は裏があって……という話でした。

     話の内容にも「キュンキュン」しましたが、「星を渡る猫」の本が出てきたことに「きゃー!」となってしまいました。
     作者様の別のお話で、「星を渡る猫」を書いた人が主役の話があるのですが、それを思い出してきゃーっとなってしまいました。それも相当に落ち着くきゅんきゅん話なので、機会があれば読んでみてください。

     そして、この話を読んでいて途中からずーっと気になっていたのが、二人のその後のお話。
     とりあえずは、剣が所属する会社に至誠も雇ってもらうことで落ち着いてはいるものの、よくよく考えてみれば、今後も剣が仕事をし続けるんだったら、長期に剣と至誠が会えないこともあるわけだし、剣は至誠以外にも愛を囁かないといけない日もあるのかなあ……と思ったら、きっと至誠としては複雑だと思うんですが、その辺りはどうなんでしょうか?
     まあ、きっとその辺りを解消してくれるであろう続刊も出ているようなので、気になれば「箱庭のシンデレラ」を読んでみてもいいかもしれませんね。

  • 人材派遣会社「愛こそすべて」の№1稲嶺剣は、社長からある仕事先に派遣される。両親を火事で亡くした高校生である至誠に「本当の恋を教える」という依頼内容であったにも関わらず、至誠は剣と触れ合うことはおろか、目すら合わせてくれなくて…。

    結構重たい内容を扱っているなと思いました。
    剣みたいな彼氏は最高だなぁ(*^^*)

  • 09.08.19

    ここにもあそこにも。
    懐かしいキャラがたくさん出てきました。
    リンクを見つけるたびに、懐かしいフレーズを見るたびに付箋を貼って。
    吉乃先生の本はあちこちに付箋だらけになってしまってます。

    新キャラは…可愛かった。
    もっとこの二人の今後が読んでみたい作品でした。

    それにつられて、リンク先の本をまた読んでしまう罠。


    <購入時>
    久しぶりの新刊。新キャラ。イラストはどこかで見たことがある気が…。
    まだ読めてないですが、裏つながりのキャラを探すのが楽しみです。

全3件中 1 - 3件を表示

染井吉乃の作品

花冠のセオリー (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花冠のセオリー (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

各々が特別な能力を持つ者たちで構成される人材派遣会社「愛こそすべて」。そのナンバーワン社員・稲嶺剣は、社長から有無を言わさず仕事先に派遣されてしまう。事業を営んでいた両親を火事で亡くした高校生・至誠に「本当の恋を教える」という依頼だが、自分を指名してきたにも関わらず至誠は剣と触れ合うことはおろか、目すら合わせてくれず…。

花冠のセオリー (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする