雪迷宮 (幻狼ファンタジアノベルス)

  • 77人登録
  • 3.50評価
    • (7)
    • (11)
    • (15)
    • (4)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 本宮ことは
制作 : 藤 ちょこ 
  • 幻冬舎コミックス (2009年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344817654

雪迷宮 (幻狼ファンタジアノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 純愛小説!!!伏線の張り方もよかった!!

  • しきたり、掟、決まりごと。
    身分の壁に苛まれるというテンプレ型恋愛小説。
    個人的にはもう一捻り欲しかった。

  • 王道のラブファンタジー。

    主人公の手記が盛り込まれている点以外は特に目を惹くモノが無く、途中までは在り来りな感じが否めないのだが、後半、やや不穏な空気が漂い、いつの間にか著者の仕掛けたミスリードの罠にハマっているという、不思議な作品だった。

    が、多くの書評に書かれている通り、ラストへの持って行き方はやや強引な気もしなくはない^^;

  • ちょっと展開に疑問を覚える箇所はあるんだけど、真相が明かされたところでなるほど~ってなった。

  • 鑰カッコイイ(*´`)!

    この本好きやわあ(*´`*)

  • オチはなかなかよかった、というか、これがやりたかったんだなあという感じですが、

    日常の起伏がなさ過ぎて、特にはまる余地がありませんでした。

    もうちょっと物語が動いて欲しかったです。

  • 本宮先生の本は作者買いするんですが、これはどうしても合わなかった・・・。ラストもなんだかご都合主義的で受け付けない。胸がきゅっと切なくなる感じはわかるんですけど、なんかなー。

  • 魔物の出てくる入口をその腹に『門』で封じる巫女姫。
    次の巫女姫が生まれるまで迷宮の奥の城に暮し会ったこともない王の妻となるのを代々運命づけられている。
    姫の心の揺れによって門にもしものことがあった時その身をもって閉じる『鍵』の衛士への淡い思い。

    ファンタジーよりも巫女姫の心の揺れを綴った切ない恋愛物語。
    恋愛もの読みたい時に最適なお話。とはいえ王ひどすぎだ〜。(イラストは草食系だけどそんなことはないのでご安心を。ぇ)

  • 主従と歳の差。

    言葉の迷路に迷いましたが、出口には幸せが待っていました。花迷宮と併せて、ぜひに。

  • “歪み”の穴から現れた異形により、世界が滅びに瀕していた神世の時代。世界を救うため、神世の巫女は自らの身体そのものに“歪み”の穴を封じる儀式を創り上げた。以来、“門”となった巫女は代々王と契り、次代の巫女となる娘を授かることを宿命づけられることになった。やがて時が過ぎ―。三十七代目の巫女・雪は、閉ざされた花園の塔で、自身と王との婚約を知らされる。だが、雪には密かに恋慕う相手がいた…(「BOOK」データベースより)

    出版元が幻冬舎コミックスだったから、最初は漫画かと思って借りたのよね。
    そしたらノベルズだったというオチ。
    初めて読む作家さんだし、初めて読むレーベルだし・・・。
    期待半分で躊躇しつつ読み始めたら、結構面白かったよ!
    読んでいると、「あれ、ここ誤植?」と思う部分がいくつかあるのだけれど、それは作者の計算だったぁ!
    緻密なプロット立てに、思わずううんと唸らされました。
    割と張られた伏線に敏感で、こう進んで~、ラストもこうで~と先を読むのも得意なのですが、今回はもうひとひねりされていて、ラスト辺りでで素直にびっくりさせられました。
    こういった驚きを味あわせてくれる作品、貴重です♪

全17件中 1 - 10件を表示

本宮ことはの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雪迷宮 (幻狼ファンタジアノベルス)に関連する談話室の質問

雪迷宮 (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雪迷宮 (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪迷宮 (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

雪迷宮 (幻狼ファンタジアノベルス)の作品紹介

"歪み"の穴から現れた異形により、世界が滅びに瀕していた神世の時代。世界を救うため、神世の巫女は自らの身体そのものに"歪み"の穴を封じる儀式を創り上げた。以来、"門"となった巫女は代々王と契り、次代の巫女となる娘を授かることを宿命づけられることになった。やがて時が過ぎ-。三十七代目の巫女・雪は、閉ざされた花園の塔で、自身と王との婚約を知らされる。だが、雪には密かに恋慕う相手がいた…。

ツイートする