ルール (リンクスロマンス)

  • 53人登録
  • 4.04評価
    • (8)
    • (9)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 水壬楓子
制作 : 高座 朗 
  • 幻冬舎コミックス (2010年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344818934

ルール (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『スキャンダル』のスピン、久賀の筆頭秘書・篠宮✕城島の上司・高森。
    城島への想いを引きずっていた高森、彼が絡まれていたのを偶然助けてくれたのが篠宮だった…
    寡黙なイメージがあった篠宮がここまでドSキャラだったなんてw 高森は前作の凛とした印象とは違いちょっとグズグズする感じが目立ったけど、彼はMだと思うので篠宮とはお似合いですね♡
    ストーリーはメロドラマな雰囲気ですが楽しめました。
    書き下ろしの『メッセンジャー』バカップルに振り回されてる城島に笑ったw

  • この『スキャンダル』シリーズでは、一番萌えました♥
    年の差CPばかりの作品で、それほど年の差がないお話しでしたが、うん・・・冷静沈着大人な男が、受に対してどんどんドSぶりを発揮していくお話しでもありました。
    決して俺様ではありません。でも受攻共にプライド高いです。

    政治秘書×キャリア警官です。
    どちらも敬語で話します。もちろん言葉責めも敬語・・・エロい・・・。

    ショートではバカップルぶりも発揮しておりまして、このシリーズでは一番甘いCPなんじゃないかな~♪と、感じております。

    全4巻
    1.「スキャンダル上」
    2.「スキャンダル下」
    3.「リスク」
    4.「ルール」

  • 「スキャンダル」シリーズスピンオフ第2弾。
    むっつりオヤジ議員の秘書×城島に振られた警察官キャリア。
    口数が少ないかと思えばはしたないお言葉はどんどん出て来るのね、篠宮さんたらw
    そしてタガが外れたようなビッチだった高森さんww
    今回もなかなかステキなCPでした!
    高森さんの親兄弟は残念な人が多かったけど、篠宮さんがいれば安心ですね♡
    何てったってあのボスがいるのだからww

  • なかなかスゴい人に捕まってしまった高森さん。
    誰がなんと言おうと、男運は最低だと思います(笑)
    何考えてるんだ?篠宮さんは。主従ともによくわからない人たちです。

  • むっつりドSな篠宮と、快楽に弱い高森は萌えツボでございました。
    メッセンジャーの城島には、お疲れ様以外にかける言葉がみつかりません(笑)

  • スキャンダルシリーズ スピンオフ

全6件中 1 - 6件を表示

水壬楓子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ルール (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルール (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする