バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス)

  • 73人登録
  • 3.48評価
    • (1)
    • (11)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 和泉桂
制作 : 梨 とりこ 
  • 幻冬舎コミックス (2010年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344819993

バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スピンオフの「凍える吐息」と比較されがちですが、哀れなくらい優しい攻めに、私は結構引き摺られました♪良成は繊細で少し臆病なだけで、ヘタレとは違う気がする。小春は純粋でひたむきで、どこまでも良成を思う行動がいじらしかったです。読んでよかった。泣けました☆

  • 大正時代の日本に似た異世界モノ。バロック(悪人砦)に住む新米スリの少年・三春と都の華族御曹司・良成の身分差BL。健気受にツボはないけど三春は可愛いと思えた。それは悲劇のヒロイン的な健気さではなく、バロックという劣悪な環境でも力強く生きようとする雑草魂を感じるから。悪の中にいながら純粋さ真っ直ぐさを失わないのも魅力。年上のくせに鈍感でヘタレな良成はこれから三春にとことん尽くせと言いたいw面白かったけど個人的には萌えないカプだったので話にのめりこむことなく読了。桐谷と侑生の方が好みなので次巻に期待!
    切り抜き保存してた雑誌掲載のSS『求婚』も読んだ。良成の留学で欧州に向かう船の中の二人の話。入籍やらカミングアウトやら、良成の三春にベタ惚れっぷりが楽しい。良成、きっとゲロ甘攻めだね。

  • 竜胆さん素敵…! そして、地味ーに桐谷さんと侑生さんが気になります…(笑) 主役喰いすぎじゃないですか…!?

  • 清澗寺の続編が出ない憂さ晴らしに買ったらわたしの和泉桂の好きではない部分が全面に詰まった話になってて辛かった。こういういい子受け好きじゃない…!でも続刊になるっぽい別の方のカップリングは好きそう。なのでどうせ買っちゃう。

全4件中 1 - 4件を表示

和泉桂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス)はこんな本です

バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする