環(リーン)の姫の物語〈下〉 (幻狼ファンタジアノベルス)

  • 25人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 高瀬美恵
制作 : 輝竜 司 
  • 幻冬舎コミックス (2010年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344820753

環(リーン)の姫の物語〈下〉 (幻狼ファンタジアノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後のシーンに萌えまくりました。
    やっぱり盗賊×お姫様はこうじゃなくっちゃ!
    ヴィサリオンとオリガ姫大好きです。

  • -

    2010/12/1 23:38

全2件中 1 - 2件を表示

高瀬美恵の作品

環(リーン)の姫の物語〈下〉 (幻狼ファンタジアノベルス)の作品紹介

地護神と意思を通わせる力を持つ姫オリガは、失踪した母の足跡を追って、盗賊の首領ヴィサリオンとともに「伝説の大地」に渡った。その地で出会ったのは母とともに姿を消したヴィサリオンの兄エリーク。彼の口から語られたのは、母や王国のことだけではなく、それまでオリガが信じていたもの全てを覆すような"真実"だった。一方、父王を殺し城から逃亡する王子ユーリは意外な人物と出会うが…。

環(リーン)の姫の物語〈下〉 (幻狼ファンタジアノベルス)はこんな本です

環(リーン)の姫の物語〈下〉 (幻狼ファンタジアノベルス)のKindle版

ツイートする