翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― (下) (幻狼ファンタジアノベルス)

  • 176人登録
  • 4.19評価
    • (39)
    • (36)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 妹尾ゆふ子
制作 : ことき 
  • 幻冬舎コミックス (2011年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344820760

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― (下) (幻狼ファンタジアノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤエトは北方ルス公当主ライモンドと対面し、逃亡した商人を引き渡すよう要請する。
    要求は受け入れられたものの、無理がたたって倒れてしまい北嶺に戻ることに。
    しかしヤエトは〈過去視〉の力で出会った謎の少女・ルシルと会うために再び北方に向かう。
    一方で皇女は、処罰されんとする四の君の命を救うために都にいた。

    「王のところに無事に戻る」
    今回のヤエトの力の源は、皇女とのこの約束だったのでしょう。
    翼の帰る処の「翼」は、北嶺の鳥の翼のことかと思っていたけれど、
    「翼臣」たるヤエトを暗に指していたんですね…。

    皇女、スーリヤに続き、少女たちに好かれるヤエト。
    本人は全くの自覚なしだけれど、久々に会って給仕をするスーリヤを見て
    「どうして男だと思っていたのか、どこから見ても女だ」と思わせるなんて、
    スーリヤ頑張ってる(笑)

    単なる後継ぎ問題に終わらず、世界の滅亡の話まででてきて、ややこしい。
    どんどん出世するどころか、望まざるにもかかわらず過去視の力で
    ずぶずぶ「救い主」としての歩を進めて行っているヤエト。
    知るかボケなんて絶対に言うことなく、これからも方々の期待に応え続けていくんだろうなぁ(笑)

  • ヤエト・・・隠居をそろそろ諦めた、の、巻(笑)

    そして、ヤエト、とうとう鳥バカを自認する、の巻。

  • このシリーズの1巻を読んだところで「翼の帰る処」というタイトルがいいなあと思ったのですが、別の意味で、この3巻を読み終わって、まさしく「翼の帰る処」である、と実感した次第。

    しかし懸案は相変わらず、いや増え続け、いくつものXデーは刻一刻と近づいているようにも思え…。ハラハラドキドキというよりも、あの人の健康と展開にやきもきしています。

    そして毎回両翼が欠けることなく、ちゃんと帰ってきますように、と願わずにはいられません…皇女のために。

  • 幼女!幼女!幼女可愛いよ幼女。スーリヤも敵意可愛いよ。
    北方の主・ア=ヴルスになつかれるの巻。
    そして散々視てきてはいた謎の人物・アストラさんがまさかの登場。

  • 今更ながらに、この本のタイトルの意味が自分の中でしっくりきた。
    ヤエトは皇女の翼であり、色々なことがあっても最後に翼であるヤエトが還る処は皇女の居る場所。
    どこかへヤエトが出かけるたびに、皇女が「無事に帰ってこい」と言うのが腑に落ちたというか。言葉に出すことは念じることであり、それが力になるから。
    魔法とは言葉であり、名前であることというのが主題のひとつのお話だったから、題名について今更納得したのかも知れない。

    世界の罅についても少しずつ謎が明らかになってきた。
    ルシルやアストラの存在も気になり、今後の展開が待ち遠しい。

  • 皇帝の策略によって罠に陥ったヤエトは、ルス公当主ライモンドと対面し、逃亡した商人を引き渡すよう要請する。
    何とか要求は受け入れられたものの、無理がたたって倒れてしまったヤエトは、辛くも北嶺へと強制送還されてしまう。
    そこで皇帝の策略を阻止するための布石を打った後、ヤエトはルシルの願いを聞き入れるために無理を押して再び北方へと向かうが…。

    ヤエト信者がまた増えた!(笑)
    ほんとヤエトさん天然タラシだなぁ…(笑)
    そして今回タラシこまれた(?)ルシルちゃんマジ可愛いです。
    喋り方が慣れるまでちょっと要領を掴めなかったですけど、ヤエトと友達になって人間味が帯びてくるとたまらなく愛しくなりますね!(笑)
    しかもその後彼女のことを頼んだ人物がセルクとか、すごくおもしろ…いや、適材適所です!!(笑)
    次に再会した時、どんなことになってるのかが楽しみでたまりません。

    あと神様がすごい。
    ほんとわけわからなくて、人間では測れない存在なんだなぁと思いました。
    アストラさんとの会話だけでも十分混乱させられましたよ…まさに時間を超越する存在。
    あそこに居たアストラさんは一体いつのアストラさんなんだろう…。
    なんかヤエトと話してるの聞いたら、実はヤエトが見た過去は未来のことなのかとも思えてくるから不思議。

    それにしても順調に出世するだけではなく、救いの主の道も歩んでますねヤエトさん(笑)
    北嶺からここまで物語が広がるとは思いもよりませんでした。
    でも破綻なくきちんと組み立てられているのがすごいです。
    まさか1の時に見た大昔の過去が、今繋がって来るとは。1の時よりも今の方が繋がってる感がより増してます。

    結構色んな事が起きまくって忙しい上に、神様まで関わってくるくらい重厚な物語なのに、ヤエトさんの心の声が面白くていつも楽しく読んじゃうんですよねえ(笑)
    4巻もすごく楽しみです。

  • 安定の面白さでした。

    まだまだ続きそうですね!
    解決、というよりは
    これを機として
    石が転がっていくのかな、と。

    きっとヤエトは
    「知るかボケ」を口に出す事なく
    終わるのでしょう^q^

  • 思惑の絡み合いが導く先へ。

  • この本って必死な女の子が多いな。

  • 皇帝の命に従うか否か、いなくなった商人をどう探すかどうか。
    …の前に倒れてしまっていますが。
    とりあえず、王からの指示は辛うじて守れた、という感じでしょうか?w

    いやもう色々たらし込んでるような気がしてなりません。
    守備範囲広いな~とか言ったら、違います、と反論されそうですが。
    意図せず友人をげっとしてしまった状態ですが
    またこれは次回とかに効力を発揮しそうな繋がりです。

    皇帝にしては、驚きの真実が出てきましたし。
    王とはまた約束事が増えてますし。
    己で首絞めてるような感じが、ものすごくします。
    もう、これ以上約束増やすと、切っても切れないどころでなく
    切るってどうやって? な状態に。
    要所要所の、鳥馬鹿一直線なのも面白かったですw

全22件中 1 - 10件を表示

妹尾ゆふ子の作品

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― (下) (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― (下) (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― (下) (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― (下) (幻狼ファンタジアノベルス)はこんな本です

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― (下) (幻狼ファンタジアノベルス)のKindle版

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― (下) (幻狼ファンタジアノベルス)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする