花嫁は二度さらわれる (幻冬舎ルチル文庫)

  • 52人登録
  • 3.28評価
    • (0)
    • (6)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 愁堂れな
制作 : 蓮川 愛 
  • 幻冬舎コミックス (2011年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344821767

花嫁は二度さらわれる (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ICPO刑事×警視庁警視

    萌えない。
    むしろ、怪盗の方といちゃこらしてくれた方が良かったくらい。
    全く惹かれあった要素わからない。
    ICPO刑事の気持ちの補足的な部分SSあったけど、とってつけたような感じだったし。

    切磋琢磨?向上心?わかるけど、小馬鹿にしてる態度は変わらないと思う。
    むしろ、怪盗推したい!!

  • ICPOのキース×日本人警視・月城のカップリングです。
    怪盗「ブルーローズ」に気に入られた月城は、タイトルの通り2回も攫われます(^_^;)
    それを、キースが取り返すっていうお話になってます。
    楽しんで読める内容でした(^^♪

  • CDは聞いてたんだけど読んでみた。いいわあ~。

  • ICPO刑事×警視庁警視+美麗怪盗。
    怪盗だったり刑事さんだったり好きな要素がたくさん、なんだけれど、イマイチ感があるのは、お仕事しっかりしていないせい…?
    や、普通に現場の後始末しようよ、二人とも!?と思ってしまったので。

  •  月城涼也は、若くして警視に昇進した有能な警察官だった。
     しかし、早い出世とその整った容姿のおかげで、「高嶺の花」と署内では揶揄され、孤立していた。
     そんな時、この時代にありえない「怪盗」が日本での犯行予告をしてきた。
     その怪盗はヨーロッパを舞台に犯行を行っており、「blue rose」と名乗っていた。
     そして、その怪盗を捕まえるべくICPOの刑事・キース北条が日本にやってきた。
     北条は頭でっかちな涼也を「ボーヤ」と呼んでからかい、冷たく接する。
     そして、警備上の問題から涼也とキースは一緒の部屋に宿泊することになってしまい……

     という話でした。
     なんというか、「若くして警視まで昇進した優秀な警視」という割には、涼也の不甲斐なさばかりが目立つ話だったように思います。
     まぁ、涼也がキースにミスばっかりを指摘されるのは物語の都合上仕方がないと思うんですが、それにしても涼也はまったく「警察として」役に立つことをしていない……。

     一度ならずも二度までも、「怪盗・blue rose」にさらわれちゃうし。
     一回目は、媚薬盛られちゃって動けなくなっちゃうし。
     二回目は、キースと二人でさっさと現場を後にしちゃうし。
     これじゃあ、処分されても仕方がないと思うんだけど……(ため息)

     これで何処が優秀なのか、教えてほしいなー……と思ってしまいました。
     もうちょっと涼也を「優秀」とするのならば、涼也に見せ場を作ってあげた方がよかったような気がします。
     別に必ずしも、涼也が優秀である必要はないんだけど、作者さんが「優秀」というからには「優秀」であってほしいなー……と個人的には思ってしまうのです。

     なんか、賛辞と、実際が違うのはつらい……。

     なので、プライドの高い涼也が完全に口先だけみたいになって、まるっきり子供みたいなことしかしてないので、クールビューティーイメージが台無しでちょっと面白みが減ってしまったように思いました。

  • 設定は良くある。
    けど。キャラの個性が強い為にどう展開するのかわからないことも…

  • 美しい月城を中心に刑事VS怪盗という話。前提はインターポールと日本警察という違いはあるものの、刑事×刑事もの。
    怪盗の鮮やかさと次を期待させる終わり方になんだか懐かしさを感じます。

全7件中 1 - 7件を表示

愁堂れなの作品

花嫁は二度さらわれる (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花嫁は二度さらわれる (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

花嫁は二度さらわれる (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

花嫁は二度さらわれる (幻冬舎ルチル文庫)の新書

ツイートする