6000 ロクセン (1) (バーズコミックス)

  • 83人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (6)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 小池ノクト
  • 幻冬舎コミックス (2011年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784344821798

6000 ロクセン (1) (バーズコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだなんだかわからいが、面白め

  • 所有
    面白いんだけど説明不足。
    もうちょっと山があったらもっと楽しめたと思う。

  • 密室ホラー系。深海という特殊状況下をうまく使っていくと面白そう。

    現状の導入は謎だらけで非常にいい感じ。

  • 深海の必然性とか、事象の整合性とか、きちんと考えているのかちょっと心配

  • 謎の事故が起こった深海施設の再稼働に向かわされた主人公。そこで起こる怪奇な(猟奇な)事件。

    普段人が意味もなくたくさん死ぬホラーものは積極的に読まない。おまけに、苦手なタイプの「怪奇の原因は全て超常現象でした〜」っぽい。

    それでも買ったのはお試し読みの冊子が心惹かれる怖い雰囲気だったため。読み終わって続きは読みたくなった。

    当たりの作品でありますように!

  • ホラー系。
    深海に閉じこめられる作業員たち。
    そこで謎の死亡事件が次々と起こる。
    雰囲気はけっこう好きなんで続きに期待。

  • 6000mの深海に閉じ込められる話。流されるままの主人公。ぎすぎすした職場関係。暗闇に潜む得体の知れないもの。いかんせん閉塞感ありすぎる。

  • 前回の作品(原作付き)がアララ…て出来だったんだが、今回は割と良い感じの滑り出し。

    期待しながら様子見

  • 何となくホラー漫画が読みたかったので購入
    深海6000メートルという逃げ場のない状態での密室ホラー
    読む前まではSFホラーかと思いましたが、読んでみるとちょっと違う気がしますね
    深海という環境なだけに未知の生物とか出てくると思ったのですが…
    でも1巻じゃ全然ホラーな雰囲気はないので、話が進むと出てくるのかな?
    そのようにミスリードしつつも、密室という閉鎖された環境で精神に異常をきたした人たちの幻覚とかのような気もするけどww

    続巻に期待ですね

全10件中 1 - 10件を表示

小池ノクトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

6000 ロクセン (1) (バーズコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

6000 ロクセン (1) (バーズコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

6000 ロクセン (1) (バーズコミックス)はこんなマンガです

6000 ロクセン (1) (バーズコミックス)のKindle版

ツイートする