花嫁は三度愛を知る (幻冬舎ルチル文庫)

  • 56人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (3)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 愁堂れな
制作 : 蓮川 愛 
  • 幻冬舎コミックス (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344822177

花嫁は三度愛を知る (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「花嫁は二度さらわれる」の続編になります。
    相変わらず、怪盗のブルーローズは、月城に執着しています(^_^;)
    刑事ものが好きな方は、楽しめると思います(^^♪

  • シリーズ第二作。
    というよりか、怪盗さん主役でした。
    蓮川さんのイラストがどれも綺麗。
    しかし、この作品は凉也があまり優秀な警察官に見えないのが難点かな。

  • blueroseシリーズですが、怪盗物なのでもう少し激しさもあってもいいのかな、と。全体的に読みやすかったけれど、あっさり終わってしまった感です。涼也とキースの絡みも前半にはないですし、(ICPOの対blueroseであったキースが担当ではなくなっていて別の刑事になっていたので。それもワケアリではあったのですが。)
    ローランドも恩人のおばあさんの為に涼也に孫の代わりを頼んでという感じでお話が進み。。。もう少し三人の絡みが読みたかったです。蓮川さんの絵が美しくて素敵でした。

  • ローランドのお話でした(笑)メインカプはキースと涼也のはずなのに…(苦笑)後半まで二人のラブが一切なしとか;しかもキースほとんど出てないし(汗)なんか、涼也とローランドの方がメインカプのようでした(苦笑)その分、番外編のお話ではイチャラブしてましたがw蓮川愛さんのあのイラストの構図えろ…/// やっぱりアーサーはローランドのこと好きなのね〜この二人くっつけばいいと思う(笑)アーサーもすっごい美形でお似合いだしw それにしても、涼也は警察官なのによくさらわれる(苦笑)

全4件中 1 - 4件を表示

愁堂れなの作品

花嫁は三度愛を知る (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花嫁は三度愛を知る (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする