猫の遊ぶ庭―気まぐれ者達の楽園 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 124人登録
  • 3.96評価
    • (14)
    • (19)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 山田 章博 
  • 幻冬舎コミックス (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344822214

猫の遊ぶ庭―気まぐれ者達の楽園 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作が好きすぎて、続編に点辛くなったのは、モブ達
    続編で暴れすぎるから。うっとおしくなった。

    白蝋の肌をさらしたプールシーンは好き。
    水色のマドラスチェックのバミューダパンツに
    白いパイルパーカー姿の杜司、ええやん・・。

    もっとメインの織田と杜司のひっそりした日常見たかった。

  • 猫の遊ぶ庭の続編。

    織田と杜司のその後。相変わらずの寮生活で先輩方に掻き回される2人、、。杜司さんがウブ過ぎてw
    エチシーンが少な過ぎてちょっと悲しかったけど、この先生のこのたゆたうような文章が好きすぎるので、良いかぁと思ってる。

    続きが読みたいなぁ。

  • 前作「猫の遊ぶ庭」の続編。
    日常話が多くて特に話のアップダウンはありません。
    付き合ったあとのお話なのですが、
    周りがごちゃごちゃしていて
    あまりラブラブシーンはなかったです。
    珍しく杜司の嫉妬が見られるなど、
    可愛らしいシーンはちょくちょくあります。

    しかしラブホテルエロが朝チュンはひどい!

    周りのうるさい面々があまり好きではなく、
    攻めは好きだけど受けキャラはそんなに好きではなく、
    ちょっと退屈に感じてしまいました。
    早く二人暮らしして欲しい。

  • 「猫の遊ぶ庭」の続編、短編集です。季節を通して織田への気持ちを育む杜司の物語かな… まさか杜司の焼きもちを見れるとは(笑) とってもかわいい杜司と世話焼き好青年の織田は相変わらずで、面白かった。くせ者3人組も健在で濃いなぁと… そんな3人組が杜司には頭が上がらない感じとか、笑っちゃいます♪ とても楽しく読了でした。

  • 短いけど、いちゃいちゃが見れて良かった。
    前巻より夫婦然としてるところが良い。女の子ライバルも現れ、お互い嫉妬したりで、良い刺激があって面白かった。

  • 山田章博さん表紙絵。なので挿絵がない(T_T) しかしながらそれも良かった。まるで古典のような2人の敬語の会話。同じ寮に住む先輩連中がうるさくはあったけど、浮世離れした美しい杜司とリア充イケメン織田のしっとりとした恋が良い。古びた寮が背景とは思えない耽美な世界に酔わせてもらった。秀作。

  • 萌えとは何かわからなかったわたしに「萌え」を教えてくれた杜司くん。
    キュンキュンしました〜(≧∇≦)
    かわい作品はキャラがステキだぁ!!

    2冊セットでとっても大好きな作品です♪♪♪

  • 淡々とした日常に少しのエロス。萌えました。脇のキャラもいい!

  • なんだかんだで寮の人間関係は良好なんではないかとwww 
    杜司の最強っぷり納得。最強だけど可愛い!! 二人ずーっと幸せに寄り添って欲しいなぁと。

  • 杜司の可愛さがハンパなかった~!!!!
    織田が夢中になるのも分かります。
    織田が無自覚で杜司を口説くとこも、もう何とも悶えました。
    あとは、杜司の意外な積極性が見れて良かったかな。
    満足の一冊でした。

全14件中 1 - 10件を表示

かわい有美子の作品

猫の遊ぶ庭―気まぐれ者達の楽園 (幻冬舎ルチル文庫)に関連する談話室の質問

猫の遊ぶ庭―気まぐれ者達の楽園 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

猫の遊ぶ庭―気まぐれ者達の楽園 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫の遊ぶ庭―気まぐれ者達の楽園 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

猫の遊ぶ庭―気まぐれ者達の楽園 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする