ひとひらの祈り (幻冬舎ルチル文庫)

  • 222人登録
  • 3.64評価
    • (11)
    • (27)
    • (27)
    • (3)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 崎谷はるひ
制作 : 冬乃 郁也 
  • 幻冬舎コミックス (2011年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344823235

ひとひらの祈り (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「鈍色の空、ひかりさす青」の続編だが読んでないので今一つぴんと来ず。
    前作を読んだらまた読んでもいいかな。

  • どちらかといえばゴツゴツしてハードな読み応え。

    ヤクザの組長の息子で弁護士の那智

    学校でイジメられ、父親から性的虐待を受けた基、


    ふたりが傷を癒し、愛を育み
    将来を誓うまでの話

  • いきなり番外編に手を出してしまったけど作中で補足説明があるので無事に読了。突拍子もない設定かもしれないけど、その中で地に足がついたお話にする崎谷先生の筆力には毎回シャッポを脱ぎます。

  • 『鈍色の空…』の番外編。
    とにかく鈍色が辛くてきつくて痛かったから買うの躊躇していたんだけれど、こちらはまぁ…全て手放しでハッピー!って感じではないけれどだいたいは甘くて幸せだと思う。
    所々白鷺のあの子とダブるところも無きにしも非ずだけれどw

  • φ(..)21歳差

  • 《鈍色の空、ひかりさす青》の続編。前作も是非読んでみたい。

  • 『鈍色の空、ひかりさす青』の続編短編集。
    前作が重かったので、それを癒すような甘い二人でした。

  • 『鈍色の空、ひかりさす青』
    ⇒『ひとひらの祈り』 ※番外短編集

  • 攻め:那智正吾
    受け:深津基


    『鈍色の空、ひかりさす青』の番外短編集。

    重かったけどエロは多い。
    久しぶりに崎谷さんのエロ全開を読んだ気がする。
    相変わらずトラウマで閉鎖的。
    二人で二人の世界に閉じ籠ってもOKなのよね。
    全力で相手を好きになる受け、何があっても離さないと思えるほどある意味病むほどの愛情を抱く攻め。
    ミルクラや白鷺シリーズに通じるものを感じるカプでした。


    濃厚過ぎてお腹いっぱいになった。

    100冊記念小冊子全サ応募じゃなかったら買わなかったかも…というのは内緒。


    挿し絵は冬乃先生。崎谷先生と個人的に親しいので描いて欲しい場面など要望に応えたと思われる。
    絵自体は嫌いじゃないけど、服のシワとかさ、カラー表紙くらいは柄にもシワを付けて欲しい。手抜きにもほどがあるよ。(トレンチコートの裏地のチェック部分を言ってます)
    完璧主義の崎谷先生が何も言わないのかな?

  • 前作も大好きで読ませてもらいました。続編の今回は幸せを詰め込んでくれているのでとっても嬉しかった。

全16件中 1 - 10件を表示

崎谷はるひの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとひらの祈り (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひとひらの祈り (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひとひらの祈り (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする