Replica Doll (幻狼ファンタジアノベルス)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 野口祐加
制作 : マニャ子 
  • 幻冬舎コミックス (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344823464

Replica Doll (幻狼ファンタジアノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼馴染の下僕と化している少女、が主人公。
    どれだけ下僕をしているのかと言えば、そうでもなかったです。
    これは軽いヤンデレですか? という感じで。

    軽い小遣い稼ぎのはずが、異世界まで出張の上
    定時されていた小遣いでは割に合わない状態に。
    とはいえ、別段危険はないかと。
    説明されている能力も使っているし、人物も分かりやすいし
    かなりさくさくと読み進められます。

    が読み終わりは、そうですか、という感じで
    別段それほど心に残るものも…。

全1件中 1 - 1件を表示

野口祐加の作品

Replica Doll (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に登録しているひと

Replica Doll (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Replica Doll (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Replica Doll (幻狼ファンタジアノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

Replica Doll (幻狼ファンタジアノベルス)の作品紹介

幼馴染みの風磨に弱みを握られ、下僕として生きる高校生の瑠璃は、騙されて彼の血を飲まされ、傀儡師(ドール・マスター)の力を与えられてしまう。自分に執着する風磨の心がわからず、異世界(ヴァルカ)から地球へ不法入国する者たちを監視する仕事(レプリカ・ドール)をすることになった瑠璃。さっそく特殊護衛隊として、凶悪な呪術士を瑠璃たちは追うが-。

Replica Doll (幻狼ファンタジアノベルス)はこんな本です

ツイートする