不器用な策略 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 138人登録
  • 3.61評価
    • (7)
    • (23)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 椎崎夕
制作 : 高星 麻子 
  • 幻冬舎コミックス (2011年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344823990

不器用な策略 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本編整理中の再読。椎崎さんの積本いっぱいあるのになぁと思いつつ再読が止まらない(笑) 洋食屋のシェフ・ハルカ×フロア担当・一基。モテる攻は来るもの拒ます去るもの追わずだけど、本命相手には非常に面倒くさくなるタイプでw そのかわり相手の一基が男前なサッパリした性格で見ていて気持いい。脇の神野がわりと好き♪ 再読率は高めな作品です。

  • 一基が気性のさっぱりした男前で、読んでて気持ちが良かった。でも人間的には好きだけど、受けとしてはあまり萌えなかったかな。それに、対する遥が子供すぎて…。結局最後まで一基に甘えっぱなしのように見えて、どうなのと思ってしまった。

  • 椎崎さん初読。
    見た目は大人、中身は子供のハルカが本気でやばすぎるので一基が軌道修正できる人でよかった。
    でも最後は一基もやや流され気味だったかなw続編があるとのことですが、スピンオフかな??

  • 遊び人っぽいけど実は本気の恋には一途な攻と性格的に男らしい受け。うじうじ悩み過ぎない一基が良かったです。
    1冊かけてじっくり恋人同士になった…と言う感じです。

  • ★4.0。攻を叱り、岩永をあしらい、ヨシヤに屈せず牧田を守る兄貴肌の男前受は読んでて気持ちが良い。義理人情を振りかざすわけでなく、きわめて合理的で捌けてる物の見方に感心してしまった。だからこそ後半の言葉足らずのすれ違いに違和感があり、しかも長引いたので萎えかけた。ただその分誤解が解けた後の初Hから甘々大炸裂で、非常に萌えて終わった!攻の捻くれ具合が思ったより子供だったけど、遊び人の本気の恋というパターンは好き。最後は完全に色ボケな攻がかわいい…

  • 就職活動中だったカズキ。大学時代のバイト先で雇ってもらえることに。そのレストランはカズキがずっと好きな男の祖父の店で、彼と一緒に働くことに。
    しかし、そんなとき厨房のハルカに気持ちがバレてしまい「バラされたくなかったら自分の虫除け代わりに恋人のフリをしろ」と言われ・・・
    けっこうぶ厚くて、長々とウダウダする話ではありますが意外と中だるみすることもなく楽しく読めたかなーという感じでした。
    設定的にはまぁ聞いたことあるよな話かもしれないけど、つまんなくはないですね。

  • 久しぶりに胸をドキドキさせながら読みました。
    最初は険悪だけど次第に…という関係がたまらなく好きなんだと自覚しました。面白かった~。

  • 幼なじみに不毛な片想いをしている一基は犬猿の仲の年下の同僚ハルカに気持ちを見破られ、その事を脅しのネタに恋人のふりをする羽目になる。
    大嫌い同士スタートって妙に萌えるww
    大嫌いと言いつつも、ハルカが実は一基を気に入ってるのは序盤から透けて見えてて、腹黒そうなきれい系の生意気な年下くんが、常に敬語の華麗な言葉攻めを駆使して、兄貴肌でいわゆる男前受の一基をどうやって丸め込んで籠絡するのか楽しみにしながら読んでました。
    でもハルカが予想してたタイプと全然違ったww 一基に怒られてしゅんっとなったり、拗ねたり、超子供。ちょっとダメわんこ。めんどくさくて、わかりづらくて、一基も鈍いから、思いこみや勘違いでなかなか伝わりあえない焦れった愛です。
    これまで私が読んだ椎崎さんの作品は年の差モノが多くて、圧倒的に精神的優位に立つ大人な攻と繊細なかわいい健気受パターンが多かったので、こういう兄貴な受ってなんか新鮮。
    思ったのとはちょっと違ったけど、普通に楽しめた。ラストもっとガッツリ甘くてもよかった気がするな。
    一基の片想いの相手、幼なじみの神野が飄々としててマイペースで、超腹黒くて、こっちの方こそ腹黒ドSキングだったよww
    神野のスピンオフ出ないかな~。

  • 目付の悪い受の一基が結構好きかも。
    椎崎さんなのに健気受けではないのです。
    話がイマイチなのに気になったのは受けが男前だから!他の方のレビュー見て気がつきました。
    一基は神野にずっと片思いなのにハルカ相手だと男同士にこだわるとかちょっと不思議。

  • なんか読みごたえあった(分厚い?)
    カズキが男前お兄ちゃんタイプでかなり好きでした。
    一方、遥はダメな子・・w
    面白かった。

全20件中 1 - 10件を表示

椎崎夕の作品

不器用な策略 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不器用な策略 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不器用な策略 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不器用な策略 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする