水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)

  • 74人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (13)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 街子 マドカ 
  • 幻冬舎コミックス (2014年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344824850

水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チャラい大学生が賭けで高嶺の花の年上美人を落として気づいたら本気になってた、王道ストーリー。
    こういうのは、かなりツボ。
    王道だけどそこはさすがかわいセンセです。二人の心情が丁寧に描かれていて、引き込まれました。

    吉見は自分がモテることを当然と思っていて、賭けとはいえ同性で元有名子役で一筋縄ではいかないような真尋相手にも果敢に迫っていくのですが、それ程嫌味に思えなかったのは、自然な形で相手にやさしくできて気持ちよくいられるようにする能力に長けていたからではないかと。あくどい攻じゃなかったのがよかったです。チャラ男をぎゃふんとさせる話は好物ですが、吉見は私的に好感度高くてちょっとかわいそうだったかも。
    真尋との恋愛に入るきっかけは最低だったけど…!

    一方の真尋は芸能生活のキャリアから周りから経験豊富に思われていて、吉見にもそう見られていると感じると、幻滅されたくなくて演じてしまう健気な性格。初めての恋愛に、吉見に見えないところで戸惑ったり悩んだりしている姿が、とてもかわいかったです。

    二人のデートの様子が楽しそうでよかったんだけど、それは後に来る嵐のマエフリとでも言えばいいのでしょうか、幸せがあったからこその切なさが悲痛でした。
    でも、軽い人生送ってきた吉見も、演じてばかりだった真尋もそんな苦い思いをして生々しい恋愛を経験して、お子ちゃまから一転して大人びた感じになっていって、二人の魂の成長がほんとにいいなと思えるストーリーでした。

    サイモン&ガーファンクルのスカボロー・フェアは、名画「卒業」の曲ですね…大好きです。思わず口ずさんでしまいました。

  • しっとりせつなくていいおはなしでした。

  • チャラ男が酔っぱらった末の賭けで同じ大学の先輩で元有名小役な美人を落とすことになった話。

    最初は攻めがチャラすぎて悪印象しかなかったけど、
    受け視点になったとたん受けに興味が出てきて、
    そこでまた攻め視点から受けの魅力を語られるので
    どんどん気になって読んでいきました。

    顔が知られているので友人を作りにくく
    外にも十分に遊びに行けていなかった受けを
    グイグイ引っ張って行って普通の楽しみを
    体験させていく下りは楽しかったです。

    本気の変装でディ〇ニー、
    もといディスティニーワールドのところ、
    すごい楽しそう~。

    遊園地行ったり美術館の後ランチしたり
    いいお宿に泊まる旅行に行ったりしてて
    「そのお金で森伊蔵のお金払えるんでは…?」
    なんて思ったけどまあそれはいいです。

    エロは上品かつ丁寧でした。
    乳輪じゃなくて乳暈という言葉を使うのは
    かわいさん以外にいたかなぁ…

    すごく面白かったんですけども
    最後は若干しりすぼみ感があったのが残念。
    簡単に許しちゃうんだ…しょうがないか、好きだから…

    元天才小役だった受けが芸能界復帰するとか
    ないのかなぁ…演技自体は好きみたいだし…

  • いとし、1.2に続くかわいセンセ読み。
    BLなのに、やすっぽくない言葉選びと丁寧な
    情景描写が好み。建築や海外の絵本に造詣がある
    真尋の深みあるキャラや、ふたりが泊まる宿の描写も
    すばらしい。
    乳首プレイというより、「乳暈」責め。
    この漢字出てきたときには、うれしくて手を叩く。
    行為として好きなのになかなか描写されない、
    何度も(臀部)尻たぶをつかんで割り広げる、
    臀部を指でヌラリと割る、この「臀部」おこだわりにも
    深く頷く。
    初めての体位が、BL的みつめあい正常位ではなく、
    リアルゲイな後背位で、初めての苦しさに『泡を噛む』
    受けや、響きあう『濡れた和合音』言葉チョイスだけで
    悶絶できる・・。

    攻めザマァな展開ものを楽しく読んだのは、「恋のはなし」に続いて2冊目。
    知的で奥ゆかしい受けと正反対のちゃらい攻めは
    ノーテンキ大学生だから、土下座とか平気だし、
    人のスマホロック外して覗いたうえプライベート
    写真を安易に流布するなんて友達もいるし、と
    外貌が素敵だろうが、ぜんぜんすきになれない。
    真面目な子役半生を送ってきた真尋は、そのマメな軽薄さ陽気さに、どうしようもなく惹かれたんだろうなとも思う。椎名のげすな賭けがバレる件を時任や椎名の友人からの伝聞として構成したところに先生の巧みさが
    伺える。
    真尋と離別しからの椎名が向上心をもって盲学校で
    読み聞かせ始めたり、法学に転部する展開はべつに
    いらないのでは、と思ったけど、それは大方の読者が
    喜ぶんだろうな。
    挿し絵はチープな門地センセもどきで合わない。

  • モデルのチャラモテ男・椎名✕元天才子役・真尋。芸能ものになるんだろうけど大人しめな雰囲気。攻の考え方や言動にイライラさせられ、特にあの土下座のシーンはありえないね… どうして真尋は簡単に許せるんだろうと思った。一応最後の方に改心してるけど今までが今までなので、重みを感じられなかったなぁ… もうちょっと攻ザマァな展開になってもいいよね!と思ってしまった。

  • 攻めが可愛く(ただやってることがろくでもないので最初に引っかかった人はずっとダメかも)受けがいじらしい。受けの本人は素直に生きているのに傍から見ればミステリアスなところもとても素敵でした。

  • チャラ男が土下座する話。
    面白かったけどこの程度で許してあげてはいけません。てことで星が厳し目。
    真尋が元名子役で、作られた役やマスコミの情報からのイメージとちらっと見える素の真尋に椎名が魅かれていくところは面白い。

  • とても良かった。椎名(長身タラしモデル)が真尋(美人院生元名子役トラウマあり受)を優しくエスコートしたり気遣ったりするのを、感心して冷静に見ている真尋の真面目で地味な性格が好き。有名人の真尋を隠すために変装させて遊園地へ連れて行ったりランプの宿でのエピなどが楽しく、途中から本気になる椎名にも好感を抱いていただけに、いよいよ嘘がばれた時は痛くてたまらなかった。おまじないの話をこのタイミングで挟むのは流石。椎名が男前になる未来は明るくて良い☆絵師さん葛西リカコさんだったら…と妄想してしまった。

  • バイトモデルもしてる大学生の椎名×元天才子役で大学院生の真尋。
    椎名は来るもの拒まずの軽い男。賭けが発端で真尋と付き合い始めるが次第に本気になる。
    真尋は、世間が持つイメージのままに真尋を見る椎名に本当の自分を見せられないまま心惹かれてゆく。

    椎名はちょっと軽薄な感じはするけれどすっごいチャラいわけじゃない。でも誠実さはなさそうな感じ。最初はこの軽さが目についたけど終盤のがんばり、変わりぶりがすごかったです。
    真尋が椎名のイメージを壊したくないと振る舞うところがなんとももどかしかった。
    どこか芝居がかったお付き合いからラストの本気で心を通わせるまでが切ないお話でした。
    ただ「Zwei」とちょっと似てるなと思いました。

  • きゅんきゅん。その後の2人が読みたい。時任とかおるも気になる。

全10件中 1 - 10件を表示

かわい有美子の作品

水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)に関連する談話室の質問

水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

恋愛に関しては、来る者は拒まず去る者は追わずが信条の大学生・椎名吉見。酔って先輩と賭けをし、高嶺の花といわれる院生の橘真尋を落とすと宣言してしまう。橘はかつて天才子役と謳われた元芸能人。華やかな経歴から引退後の今も百戦錬磨の手練と噂される美人だった。持ち前の軽さで屈託なくデートに誘う椎名に、意外にも橘は素直に応じて?

水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする