クロスドミナンス (バーズコミックス スピカコレクション)

  • 55人登録
  • 2.92評価
    • (0)
    • (1)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 小橋ちず
  • 幻冬舎コミックス (2012年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344825161

クロスドミナンス (バーズコミックス スピカコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 左利きの人には才能があるという、ある種荒唐無稽な設定が好き。
    ただこの設定のせいで、話全体が間抜けに見えた。

    例えば、利き手の矯正エピソード。利き手による振り分けが始まるより幼いうちに、先天的には右利きの子供を親が左利きに矯正しようとするもの。
    現実の話として、幼いうちは教育と根気次第で利き手なんて簡単に変えられる。事実、自分も幼稚園生のあいだに左利きから右利きにさせられた。友人にもいる。そういう一般的なセキュリティ・リスクがあるのに振り分けは基本的な漢字が読めるくらいの年齢になってからというのは…、これじゃ後天性の左利きが混じり放題だと思う。
    物語には「左利きのふりをした右利き」が数人出てくるが、この人物の境遇や心理よりも、そんな程度で突破できる国策ってどうなのと残念な気持ちになった。

    好きは好き。
    設定の荒唐無稽さが特に好き…なんだけど、利き手の話が芯に絡んでくると決定的に抜けている感じがして微妙な気持ちになる。

  • 表紙買い。
    左利き優遇の社会という設定も気になったので楽しみにしていたら、随分あっさりした漫画でした。
    オムニバス形式でしたが、個々のキャラが薄い。
    最後の方で全部の話が繋がったりもほとんど無いです。
    絵もあまり安定していません。

    興味を惹かれる題材だけに、惜しい。
    もう少しキャラを掘り下げて欲しかった。

  • [漫画] クロスドミナンス:左利きが優遇されている世界の物語
    http://orecen.com/manga/cross-dominance/

  • 左利きが優遇される社会…つまり左利きの私は勝ち組なわけですね!\(^^)/

全5件中 1 - 5件を表示

小橋ちずの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

クロスドミナンス (バーズコミックス スピカコレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする