デュオ ~君と奏でる愛の歌~ (幻冬舎ルチル文庫)

  • 59人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 愁堂れな
制作 : 穂波 ゆきね 
  • 幻冬舎コミックス (2012年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344825475

デュオ ~君と奏でる愛の歌~ (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 村雨が当て馬すぎて…最後に少しくらい触れてあげるとか…。

  • 読み始めてすぐ、これ、ほんとに愁堂れな先生…?って思いました。いい意味で期待を裏切られた感じです。
    語彙が少なくて讃辞がでてこないのですが、すごいイイ!好き!

  • わかってた...昔っから音楽系に萌えるってことは、わかってたよ!
    やっぱ文章で読むなら音楽(しかもクラシック)がいいねぇーピアノ弾ける男子に萌えるという、またもや王道w
    ってか自分、王道がなんだかんだ言ってすきなんだなwうん。

  • すでに3回くらい読み返していますが、読むほどにおもしろさが上がる気がします。

    主人公とそのお相手は、学友。ピアノを巡る友人なのですが、学友であると同時にライバルであるこの業界。音大系など芸術系学校の色々、って、私も経験があり、わかるだけに始めに、読み切れるかドキドキしましたが、(こんなのちがーう!ってひっくり返したくならないか)無事に読み切れました。というか、結局のところ、ステージは音大(ピアノ)でなくてもよかったような話になっているんですけどね。数年弾いてないのに指が動いて大曲弾けちゃうとか、ちょっとありえない展開でしたが、そこはまあお話お話。
    それより、そんなすごい人間目の当たりにしながら、どうして彼といられるのか、ということに、気がついた主人公の気持ちとかでほんわかいい気分にさせられました。再会もの。ゆきね先生のイラストがまたあっています。

  • キュンです!れな先生の話はどれも好き。大好きな2時間サスペンスっぽいのと一味違っていいです。

全5件中 1 - 5件を表示

愁堂れなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

デュオ ~君と奏でる愛の歌~ (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

デュオ ~君と奏でる愛の歌~ (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デュオ ~君と奏でる愛の歌~ (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デュオ ~君と奏でる愛の歌~ (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

デュオ ~君と奏でる愛の歌~ (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする