ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)

  • 243人登録
  • 3.97評価
    • (25)
    • (27)
    • (17)
    • (2)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 崎谷はるひ
制作 : ねこ田 米蔵 
  • 幻冬舎コミックス (2013年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344827202

ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前巻・佐光の兄が主人公の話。
    一体どんなビジュアルなの・・って思っていたら、
    可愛かった、ビックリーみたいな感じでした。

    しかし、彼の抱える問題(職場での)が重くて…。
    ある意味で誰にでも起こりかねない現実感といいますか、
    そういうところがある問題だったので、重かった…。

  • 信号機シリーズですね。
    『リナリアのナミダーマワレー』の佐光正廣のお兄さん清也とダリこと高知尾利憲のお話。
    リナリアは未読だったので正廣と清也のゴタゴタの詳しいことはわかりません。かなり気になるけれど、今作はセクハラパワハラと内容はかなりシリアスなのにダリさんの包容力と優しさ、清也の天然小動物的可愛いらしさ、そして脇のオタでしっかりもののつぐみが、暗くはならないさらっと読めるタッチの話にしてくれました。
    この話、彼女なしでは語れないですね。
    年下だけどつぐみさん、頼りがいあってかっこいい。とても新人には見えないな。
    オタ話できる彼氏が早く出来る事を願ってます(笑)
    良い同僚に恵まれて(それまでがひどかったけど。よく耐えたよねー。)清也良かったね。
    エロかわ清也、天然すぎて可愛い。
    弟の正廣も素質見抜いたんだろうねー。

  • 新キャラのつぐみ、いいね!
    そしてギャップのあるオタクの利憲がこれまたいいわ。キャラが立っているシリーズですよね。
    あとがきにある「大人になってオタクこじらせたひと」ということばはとっても耳に痛いです。長い長い期間をかけて徐々に悪化させていった私としてはね。

  • 信号機シリーズ第7弾
    リナリアのナミダの攻めくんのお兄ちゃんの話


    攻め:高知尾利憲
    受け:佐光清也


    ネットゲームでネカマだった清也は同じゲーム内で頼りになり1年も交流していた男と直接会うことに。そしてネカマだと打ち明けて友達として連絡を取るようになる。実は1年前程から会社の女上司からセクハラを受けていてそれが原因でネカマとしてネットゲームをしていたのだが。


    攻めが爽やか好青年なのに実はオタク(笑)
    そして会社の後輩女子も隠れオタク(笑)
    重くならないように、みたいなあとがきだったけれど何の何の、崎谷先生作品に出てくるぶっ飛んだ女の奇行が怖かった。ま、小説だからだろうけれど実際こんな女がいたら怖すぎて引く…。

    最後はエチで大団円で良かったけど。
    エチも濃かったけど(笑)

    清也はかなり好きものに育ちました(笑)

  • 久々崎谷先生作品!ネカマの受けに惚れて…っていう設定のやつないかな~と思ってたら崎谷作品でありました!やった~。本人、男という正体バレはあっさりでガクってなりましたが、そこが本筋ではないのでしゃーない。
    攻めの最初の爽やか設定はどこへ?というくらい変態入ってました。ある意味受けのDTも奪われた…(笑)毒を以て毒を制すではないけど、トラウマやセクハラで性的なものに免疫ないはずなのに、攻め相手だとすぐおちた(笑)

    攻めは勤務先が違ってて助言だけなので、直接的には事件解決に関わってないのが、やっぱり物足りなかったかな。精神的なところで助けてもらってるのは分かるし、本文でもそこについてちゃんと突っ込んでるんだけど。恋愛のいざこざより受けの職場・家庭のいざこざ中心だったけど、全てエロで補充された感じ…でも嫌いじゃないので★4

  • 信号機シリーズ第7弾。「リナリア~」の正廣の兄、清也(サヤ)がかわいいなぁ… ダリさんじゃないけど「あざとい!!」と思うぐらい天然でエロかわいかった。そして「受けを好きすぎる攻め」のダリさん、ホントにサヤの事が大好きだオーラがダダ漏れで、優しくてデロンデロンにサヤを甘やかすのも良かった。爽やか好青年の顔して変態攻めさんだったのでエチシーンが濃厚なのもいいです。イカれた上司は凄かったですけど

  • 天然姫受け属性は全くなかったが、仕事が好きで健気に頑張って我慢してぱつぱつになってる受けが好きなのでこれも大好き。

  • セクハラ上司がステレオタイプだけど最後までヤバイまんまでなんか凄いな…って

  • 前作のスピンオフ。
    天然ちゃんの受けの感じがかなりツボ。
    そして、攻めの、普通なようでそうでない拗らせ感もよい。

    サスペンス調なども多いが、この、社会人の人間関係の汚さまでも鮮明に描かれている感覚が大好きです。

  • 後半で性格がガラッと変わった利憲くん。逆言葉責めっていいなぁ(笑)
    受が好きすぎる攻というコンセプトのシリーズだったんですね。
    ちゃんとシリーズ追いかけよう。

全23件中 1 - 10件を表示

崎谷はるひの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

職場でのセクハラに疲れきり、現実逃避で"女性として"ネットゲームに参加する佐光清也。「ダリ」と名乗るプレーヤーに癒され好意を抱くが、そのダリから告白され、実は男なのだと打ち明け謝罪することに。真実を知ってなお、やさしく接してくれるダリこと高知尾利憲に想いを募らせる清也だが、「ともだち」という言葉に自らの失恋を悟って…。

ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする