恋もよう、愛もよう。 (リンクスロマンス)

  • 33人登録
  • 3.36評価
    • (0)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 角田 緑 
  • 幻冬舎コミックス (2013年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344827844

恋もよう、愛もよう。 (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 軽くサラッと読めます。
    特別すごい事件が起きるわけでもなく、
    縁とか、その辺りは普通の出来事とはいえ言えませんが。
    攻さんの過去(出会うまで)のダメっぷりが
    話のメインにはなるのですが、
    好きになる理由も、特別なことではなく、一緒にいるうちに自然と。と言う感じが出てると思います。

    キャラの割にふんわりしたお話でした。
    弟くんのおかげかな。

    もし弟くんのお話が出たとしたら読みたいなと思うくらいのお気に入りです。

  • 攻めの弟が一番萌えポイントだったかもしれない……可愛い……。
    彼のスピンオフが読みたいかも。
    全体的にはゆったり読める話でよかったけど、攻めが受けを好きになる理由がよくわからないまま(その逆も)話が進んで行ったので、ちょっとアレ? って感じだったかも。最初が雑誌読み切りだったのならそんなもんか。

  • キュンです‼幸せになって欲しいです。

  • う~ん。なんといっていいか。キャラは魅力的でした。
    洸太郎と紗也のキャラや雰囲気は好きですよ。だけどこの逸樹のダメっぷりがちょっと・・・・。
    話は読みやすくていい感じだったんですけどね。。。。

  • あらすじ通りホント残念なイケメンでしたねぇ。
    ゆるい攻キャラという事でちょっといつもより糖度は少なめだったな~って感じました。
    カップルになるまではセクハラというか本気で口説いているのか?と私も疑っちゃうくらいゆるかったなぁ。
    なのでなんで好きになったのかが分からない?
    でもポンポンと文句をいう受は結構楽しかったです。

    やっぱり何よりも紗也にお母さんになって欲しかった!っていう逸樹の弟洸太郎(大学生)が一番好きかも♪

全5件中 1 - 5件を表示

きたざわ尋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋もよう、愛もよう。 (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋もよう、愛もよう。 (リンクスロマンス)はこんな本です

恋もよう、愛もよう。 (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする