不器用な告白 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 74人登録
  • 3.59評価
    • (2)
    • (13)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 椎崎夕
制作 : 高星 麻子 
  • 幻冬舎コミックス (2013年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344828803

不器用な告白 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面倒くさい性格の遙と竹を割ったような性格の一基、第2弾。今回は一基の弟・祥基が登場、あまりにもガキすぎて凄いイラッとしたけどね… そして遙はやっぱり面倒くさい子だったわ(笑) その分、一基が男らしく2人ともガツンとしてくれるので良いですけど。このシリーズは脇の人達が好きです、ミノルくん視点のSSは嬉しかった。彼には幸せになってもらいたいなぁ… 相手はシンさんが良いと思うんですけど!

  • 「不器用な策略」第2弾

  • 前のを読み返してから…と思って長い間積読に。
    お子様(ちょっと成長)×お兄ちゃんタイプ

    もう付き合ってるカップルの話なので
    痴話げんかをニヤニヤしながら読むタイプの話です。

    お互い好きあってるけどすれ違ってるのがもどかしくて
    面白かった。弟も最初はウザく感じましたが
    話が進むにつれて可愛くみえるように。

  • ラブラブだね。弟登場。策略の時はうるうるのぐじゅぐじゅだったけど、幸せにラブラブしてて良かった、

  • 一基の男前さにますます磨きがかかってますよね♪ しかも長谷がヘタレど倍増し!でした。 続編って事で甘~い二人を読めると期待したんですけれど、弟君登場で思わぬ方向にいっちゃいましたね。 書き下ろしのミノルのお話はすごく良かったですね♪シンもカッコいいですよね。 この二人がくっついたらいいのに~。

  • 不器用シリーズ第二弾!またこの二人の話読めて嬉しかったです。やっぱり椎崎さん作品は私の萌えツボをついてくるw今回は一基の弟登場で、二人の関係がギクシャクしてしまうという感じでした。終わってみればほんと、ハルカって面倒臭いヤツっていうのがすごいわかった(笑)グジクジしてたとこなんか、イライラしちゃった;でも一基のことが好きすぎてたまらない故の言動だと思うとニヤケちゃうけど(笑)なので、ハルカ視点のお話にまにまでしたwあと、ミノルがすごく良い子なのでこの子も幸せになったらいいな~。

  • 個人的には『カフェラテの決心』が印象的でした。youたちさっさとくっついちゃいなyo! の心境に。

全7件中 1 - 7件を表示

椎崎夕の作品

不器用な告白 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不器用な告白 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不器用な告白 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不器用な告白 (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

洋食屋「はる」のフロア責任者・友部一基は、犬猿の仲だった一つ年下のシェフ・長谷遙と晴れて両想いとなり、蜜月を過ごしている。ある日、一基のブラコンな弟・祥基が、大学の夏休みの間「はる」でバイトをすると上京。一基の家に居候し始めた祥基に邪魔され、二人の時間を過ごせず不満そうな長谷を気にしつつも、祥基を突き放せない一基は…?

不器用な告白 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

不器用な告白 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする