月神の愛でる花 ~澄碧の護り手~ (リンクスロマンス)

  • 47人登録
  • 4.06評価
    • (5)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 朝霞月子
制作 : 千川 夏味 
  • 幻冬舎コミックス (2013年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344829039

月神の愛でる花 ~澄碧の護り手~ (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ2冊目。
    港街の視察を兼ねた新婚旅行編です。
    途中、佐保の鈍さと呑気な行動に何度かイラっとする事もありましたが、2巻でも相変わらずの周囲の佐保に対する甘やかしぶりを見ながら、あまり難しく考えずに皇帝レグレシティスと佐保のいちゃいちゃを楽しむ作品だと思いました。
    新しく幻獣も登場し、益々ファンタジー色が強くなっています。

    本文P140で佐保とマクスウェルの出会いはマクスウェルが佐保を暴漢から助けたと書かれていますが、1巻ではレグレシティスと稽古をしてた場面に偶然佐保が通りかかった筈です。
    改稿前の状態がそのままになってしまったのでしょうか。

  • ちょっとした事件は起こるけど、血なまぐさい戦になることもなく、終始和やかでほのぼのしてて癒されました。相変わらず甘々な夫婦はもちろん、今回は特に幻獣ラジャクーンと仔獣が可愛かった~。蛇みたいににょろにょろだけどふわふわしてるっていう謎な生き物がすごく不思議でした。
    この世界の地図と相関図がほしい!全然わからないー(笑)

  • 同人誌は既に読んでいるのですが、加筆に書き下ろし!それを楽しみに読みました。世界観もすごく好きだし、何よりもここに出てくるすべてのキャラが素敵ですよね。今回はやっとラジャクーンのイラストを見れて嬉しかったです♪この夫婦はホント甘いよね!読んでいるこっちも微笑ましくなるから大好きです。そして幻獣ラジャクーンにまつわる事件に佐保が巻き込まれる?お話でした。ホントに佐保はイイコですよね♪神花にラジャクーン!誰からも愛される子ですね。あの少年との出会いも醤油もいい!ず~っと読み続けていきたお話ですね。

  • 今回も、二人のほのぼのした雰囲気に浸ることができてよかったです。
    相変わらず周囲の温かい目に守られていますね。
    可愛い幻獣も登場しました。愛おしいです。

全4件中 1 - 4件を表示

朝霞月子の作品

月神の愛でる花 ~澄碧の護り手~ (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月神の愛でる花 ~澄碧の護り手~ (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月神の愛でる花 ~澄碧の護り手~ (リンクスロマンス)の作品紹介

見知らぬ異世界・サークィン皇国へトリップしてしまった純情な高校生の佐保は、若き皇帝・レグレシティスと出会い、紆余曲折を経て、身も心も結ばれる。皇妃としてレグレシティスと共に生きることを選んだ佐保は、絆を深めながら幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、交流のある領主へ挨拶に行くというレグレシティスの公務に付き添い、港湾都市・イオニアへ向かうことに。そこで佐保が出会ったのは…!?

月神の愛でる花 ~澄碧の護り手~ (リンクスロマンス)はこんな本です

月神の愛でる花 ~澄碧の護り手~ (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする