ひよこと愛と恋とカナヅチ (バーズコミックス ルチルコレクション)

  • 178人登録
  • 3.55評価
    • (8)
    • (17)
    • (21)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
  • 幻冬舎コミックス (2014年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344831032

ひよこと愛と恋とカナヅチ (バーズコミックス ルチルコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一途に、不器用に、それぞれの方法で
    少し近づいては立ち止まり、立ち止まっては慌てて抱き寄せる・・・
    みたいな、とても恋してるなぁ、っていうほわんとした
    いいお話でした。
    愛を誓いあうシーンはこちらまで照れてしまいました。笑

  • 前作が存在するだと?!読んでない!

    受けがグダグダ悩んでおりますよ。(笑)
    幸せって怖いよなーって思いました。
    ミーコせんせーは「美しい野菜」からちょいちょい手を出してはみてるんですが、こういう心のザラザラしたところを撫でられる感じはなんとも言い難いですね。

  • 前作『星の数ほど』を読んでいない私にもわかる内容でした。
    初めての恋に夢中な町田×失恋してまた恋をした中野。
    1度でも失恋してその辛さを知ってしまうと臆病にもなるし、逃げ道を作りたくなる… そんな中野の気持ちも分かるけど、町田の言いたい事も分かるなぁと…
    淡く若い恋をキュンキュンしながら読みました。前作も読んでみようかな。

  • 星の数ほどのスピンオフというか続編。「BLは《初恋》を描くジャンル」というのをどこかでみて深く同意したことがある。というのをこの本のレビューで書くのはなにもかも間違っているのだが、なんかそれを思い出す。

  • 良かった。続き物だったらしく前作も気になる。

  • 「星の数ほど」スピンオフ。
    大学のサークルの眼鏡先輩中野くんとほわっとしたワンコ系後輩町田くんのお話。
    ほんのちょっとだけ、秋葉先輩と彼氏の昴さんも出てきます。中野くんが躊躇して避けるような素振りをしてしまうのもわかりますね。
    バイト先のマスターと常連客の三郷さんがいい感じ。

  • スピンオフと知らずに購入。うーん。これだけでも読めるのかもだけど、細かいところは前作読んでないからかよくわからないかも…。

  • スピンオフとは知らずに買ってしまったのですが、知らなくても十分楽しめました。

  • 「星の数ほど」の続きというか、中野&町田のエピソード。
    忘れていたので前作から読み返し。
    前作よりずいぶん線が細くなったんだなあ。。

    中野が、町田を遠ざける理由に気づく部分がすごくよかった。自分でも見ないふりをしてた部分に気づくときって、苦しいけどなんだか解放されたような感覚がある。その感覚を思い出したり。

    ただ、中野も町田も一番気にしてた親の問題、結局カタついてないよなあ?とちょっと気になってしまった。。テーマ的には二人の気持ちの問題かもしれないけど、正直ちひろちゃんがどんな反応するのかも気になったし、中野は親との関係そのままでいいのかなあ…とか。。
    若いからそんなものなのかなあ。いずれやっぱり親との関係をどうにかしなきゃと思う日が来るのではなかろうか、と余計な心配を。

    エロ要素は比較的多め。

  • 『星の数ほど』のスピンオフ…らしい(笑) 読んでいるけど、正直「上野にイラついてしょうがない」という印象しか残っておらず、自分のレビュー読み返してもこの二人について一言も触れてない(笑) だからほぼ「はじめまして」なんだけど、アレ?こんな可愛い二人いたっけ?なぜ覚えてない私!ってくらい可愛かった♪

    なんだろ、『美味しい野菜』あたりからミーコハウスさん作風が変わった…?以前よりかなり好みな作家さんになったしたし、今回もすごく好き(*´ノ∀`*) エロの描き方がねちっこくて良いんだよねぇ~。攻の町田は中野くんが脱・童貞の相手なので、サルのようなガッツキ加減が微笑ましい(笑) それを受け止める中野くんも可愛かった。
    しかし腑に落ちない箇所もあって、中野くんが町田への恋を自覚して態度が一変する件はあまり納得できず( ・3・) あの手のひらを返したような態度、町田は喜んでたけど、第三者的に見ると不信感を覚えるのは私だけかしら?読み直したら印象変わるかな~。
    あと、町田は母親(ちひろちゃん)への後ろめたさをどう解消したのかな?もしかして未消化で、でも中野くんは諦められない…ってくらいに蹴りをつけて欲しかった。自分がもうちひろちゃん側の気持ちなので、あのままなんとなく息子が離れてしまったままなら凄く寂しいと思う…(泣)

    オチの『誓いのキス』は、青臭くてちょっと苦笑い。でも二十歳くらいの恋愛ってあんな感じかな。
    それより萌えたのが、三郷さんの店長への告白ですよ!なにそっちの二人で納まるの~( ≧∀≦)? やだ、なんか凄く嬉しかったよ⭐余裕のない若者カップルの陰でシッカリやることやってる二人、幸せになってね…(涙)

全12件中 1 - 10件を表示

松本ミーコハウスの作品

ひよこと愛と恋とカナヅチ (バーズコミックス ルチルコレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひよこと愛と恋とカナヅチ (バーズコミックス ルチルコレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひよこと愛と恋とカナヅチ (バーズコミックス ルチルコレクション)はこんなマンガです

ひよこと愛と恋とカナヅチ (バーズコミックス ルチルコレクション)のKindle版

ツイートする