初恋シトロン (幻冬舎ルチル文庫)

  • 28人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小川いら
制作 : 六芦 かえで 
  • 幻冬舎コミックス (2014年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344831629

初恋シトロン (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校生同士のお話。小川さん久しぶりに読んだけど、もやっと感じたな… なんだろう、受けの性格がダメだからか? 親の敷いたレールの上を歩くのも不満、だからと言って自分のやりたいことを貫き通す勇気もなくウジウジしてるのがどうも… 攻めもいつの間に受けの事好きになったのかな? と思ったし、当て馬の先輩もちょっと中途半端に悪くて好い人だし(笑) 前半部分でイラッとしてしまいはまれなかった。う~ん… 残念でした。

  • なんだか懐かしい…古典BL。この作家さん、真面目な人なんだろうなぁ。結局、瞬(可愛い受)に執着して刃傷沙汰にまでなった先輩(優等生攻)にも理由があって最後には和解するし(騙されてホテルの部屋まで付いて行った瞬には「馬鹿なの?」と思ったけど)、将来の夢を両親に許容させることができたし(たった3週間の自室立てこもりで)、好きな後輩(どこに惚れたんだ?)とは両想いになるしで悪人は出てこない。テンプレで上手く納めたお話でう〜んと初心者向き?あまり好きってわけではない絵師さんだけど、このお話には合っていたと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

小川いらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

初恋シトロン (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

家庭では進学のことで親と意見が合わず、学校では優しげだが強引な先輩・庄田との距離感について悩んでいた駿。ある日、人気のない美術室で庄田に抱きしめられ困っていたところを、妙に大人びていて存在感のある1年生・辰彦に助けられる。以来、一緒にいると心地よい辰彦と放課後を過ごすようになるが、庄田はそれを気に入らないようで…。

初恋シトロン (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

初恋シトロン (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする