その瞳が僕をダメにする (幻冬舎ルチル文庫)

  • 35人登録
  • 2.73評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 神奈木智
制作 : 榊 空也 
  • 幻冬舎コミックス (2014年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344832794

その瞳が僕をダメにする (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔、雑誌で発表したものを全面的に大きく加筆改稿した作品。高校生CP。うーむ… 何ていうか、いいのかお前たちはそれで!っていう感想が(笑) 攻も受もコロッと気持ちが変化している印象… スッキリしない読後感でしたね。

  • 最近、この手の挿絵が好き。
    この方のは、初めてだと思うけれど、良い感じ。
    私的に、当たり外れのある作家さんで、表紙で期待して購入。
    で、ハズレだった。
    攻の、女性との付き合い方にこじつけられた理由が理解不能、意味不明。
    受の攻に近付く理由も、その原因となる事件も、説得力無いし~。
    いろいろ納得できなさすぎて。
    イラストに助けられなけりゃ投げ出してたかも。

  • 完全に表紙買い(神奈木さんだから作家買いとも言うがこれは嫌な予感もした)。付き合ってた女性からお金はもらってなかったはずなのに留学費用が何故たまったの?高校生がデートもしてるのにバイトだけでそんな稼げるのか?攻め受けともに魅力を感じられずサラリと読了。予感は当たった。

  • なんだかな~。読み始めてすぐに保留しちゃいました。 もう何回読み始めても進まない。かなり苦しい一冊でした 。 と言っても、重いとか痛いとか暗いとかっていうお話じゃ なくって、 好みじゃない!っていう問題依然でした。

全4件中 1 - 4件を表示

神奈木智の作品

その瞳が僕をダメにする (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

その瞳が僕をダメにする (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

その瞳が僕をダメにする (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その瞳が僕をダメにする (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

恵まれた容姿を武器に、高校生ながら女性との付き合いも華やかな都築晃一が美容院でバイト中、すごく好みな客が来店する。美少女だと思った客は穂高まゆらという名の男子高校生だった。晃一を知っていると話すまゆらは、一ヵ月五十万出すから付き合ってくれと言ってくる。付き合い始めた晃一は楽しくデートを重ねるうちにまゆらに惹かれて…!?

その瞳が僕をダメにする (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

その瞳が僕をダメにする (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする