恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫)

  • 43人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (7)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 玄上八絹
制作 : 六芦 かえで 
  • 幻冬舎コミックス (2015年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344833432

恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 建築士×バーテンダー

  • 隼人と大和の双子。○イプされそうになった弟思いの隼人が京介に助けられ優しくされ徐々に惚れられるというテンプレだが安心して最後まで飽きずに読了。優しく介抱される受けって最近のマイブームだな。SSは京介視点。友人からの「(相手は)どういうタイプなんだ?」の質問に「残念だ。大切過ぎてどんな情報も漏らせない」と甘々。最初京介は大和狙いだったのは必要なエピだったのかなぁ。

  • めちゃめちゃキュンキュンした。隼人幸せになってほしい。大和の話も読みたい。

  • 後半だだ甘になっていくのですが、玄上氏なので何かどんでん返ったりしないかびくびくしながら読み進めました。が、そんなことはなく不思議な気持ちに。玄上氏がこんなにだだあまだなんて!

全4件中 1 - 4件を表示

玄上八絹の作品

恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

バーテンダー見習いの隼人は、両親の離婚により中学の頃から双子の弟・大和と二人きりで生活してきた。奔放な大和の面倒を見られるのは自分だけと信じて疑わない隼人だが、大和をナンパしてきた建築士の男・京介と触れ合ううちに、実は自分の方こそが弟に依存していたのだと気づき、動揺と寂しさを感じる。やがて京介もそんな隼人に惹かれて…?

恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする