不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 39人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (4)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 椎崎夕
制作 : 高星 麻子 
  • 幻冬舎コミックス (2015年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344834910

不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 続編。色々あったけど、うん、よかったね。

  • 不器用シリーズ第三弾。まさか3冊目も出るとは!新キャラ信川の登場によってすれ違う2人という感じでした。しかもハルカの元カレって;この時点でモヤっとしたけど、信川の人となりやハルカと付き合ってた時のことを知るにつれもっとモヤモヤ増した…信川サイアク(笑)こんな人に振り回された2人が気の毒というかなんというか(笑)なんか、信川のスピンオフありそうだな〜本当に好きな人に出会う的な話が(笑)

  • 今回はキモい人じゃなくて始末に悪い人でした。痛い目見ないと治らないと思うので攻めざまあ系スピンオフを!(攻めですよね…?)

全3件中 1 - 3件を表示

椎崎夕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

恋人同士となった友部一基と長谷遙は、洋食屋「はる」一号店で働きながら、愛を育んでいる。ある日、一基は新店舗開店準備のため店長となる信川の補佐を任ぜられ、一時的に一号店から異動することに。信川に好印象を抱く一基に、長谷は信川とはかつて同僚で当時からすごく苦手だったと告げる。どうやら長谷と信川はわけありのようで…!?

不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ツイートする