夜伽のいろは ~狛犬兄弟と花嫁~ (幻冬舎ルチル文庫)

  • 21人登録
  • 2.86評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 櫛野ゆい
制作 : 緒田 涼歌 
  • 幻冬舎コミックス (2015年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344834972

夜伽のいろは ~狛犬兄弟と花嫁~ (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 年上攻 すれ違い 人外 健気受 ケモミミ 狛犬(攻) 総受 敬語攻 3P ワンコ攻

  • 評価☆3.5
    狛犬兄弟とのまあ3Pという訳なのですが、元々は六合という神様の花嫁になるはずであったのですが……。
    六合様はいったいどれほど素敵な神様なのかと期待し過ぎて、残念な結末ではありました。
    まあかなり弱ってきていたのですから、消滅してしまうというのもある程度予想出来ましたけれど寿命というのはやはり残念でしたね。
    道成という邪悪な神との戦いも、六合様自ら戦って欲しかったかな。六合様のちゃんとしたお姿拝見できなかったのが心残り。そして六合様は織也が妻となることをどう思っていたのでしょうね。
    狛犬も好きですが、やはり織也には六合様の奥方になって欲しかったですよね。神様との夜伽がないままとはやはり残念だなー。
    狛犬もけっさて嫌いではないのですよ。でもでも……。

    織也が生き神の土地神様として残ったことはとてもよかったです。
    そう、ここでも六合様と契って生き神となる、というのも捨てがたいのですよ。こだわりすぎですみません(^^;;


    それから、神社の神主である織也のおじいさんは狛犬達のことは知っていたのでしょうね。なんとなくそう思います。もちろん道成のことも。道成、ちょっと可哀想でもありますね。封印でなく、いつかきちんと浄化してくれるといいなとそんな気持ちにもなりました。

全2件中 1 - 2件を表示

櫛野ゆいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

夜伽のいろは ~狛犬兄弟と花嫁~ (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

傷ついた2匹の犬を祖父の神社で助けた大学生の織也。その兄弟犬が和装の美丈夫となって現れ言った。「神様の花嫁になってほしい」。突然の話に戸惑う織也だけど期間限定で花嫁修業をすることになり、もっとも大切な修行が"夜伽"だと告げられる。最後の一線は越えないのに、タイプの違う双子、紅葉と楓からあらゆる快感の手ほどきを受けてしまい-?

夜伽のいろは ~狛犬兄弟と花嫁~ (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする