追憶の果て 密約の罠 (リンクスロマンス)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 星野伶
制作 : 小山田 あみ 
  • 幻冬舎コミックス (2015年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344835115

追憶の果て 密約の罠 (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 構成はツボなのに、いろいろと物足りなかった。文体だとか、表現だとか。後半の攻様の台詞もしっくりこず、もどかしい。あっさり終わってしまいました。
    イラストはさすが!の美しさ。肩とか背中とか、色っぽくて必見です。

全1件中 1 - 1件を表示

星野伶の作品

追憶の果て 密約の罠 (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

追憶の果て 密約の罠 (リンクスロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

追憶の果て 密約の罠 (リンクスロマンス)の作品紹介

元刑事の上杉真琴は、探偵事務所で働きながらある事件を追っていた。三年前、国際刑事課にいた真琴の人生を大きく変えた忌まわしい事件を-。そんな時、イタリアで貿易会社を営む久納が依頼人として事務所を訪れる。依頼内容は「愛人として行動を共にしてくれる相手を探している」というもの。日本に滞在中、パーティや食事会に同伴してくれる相手がほしいと言うが、なぜかその愛人候補に真琴が選ばれ、さらに久納とのホテル暮らしを強要される。軟禁に近い条件と、久納の高圧的で傲慢な態度に一度は辞退した真琴だが、「情報が欲しければ私の元に来い」と三年前の事件をほのめかされて-?

追憶の果て 密約の罠 (リンクスロマンス)はこんな本です

追憶の果て 密約の罠 (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする