ダブルパパはじめました。 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 30人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 榛名悠
制作 : 街子 マドカ 
  • 幻冬舎コミックス (2015年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344835566

ダブルパパはじめました。 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 強面保育士・浦原×亡き姉の双子を育てる保育士・宏斗。嫌な奴も出てこないほのぼのファミリーBLでした。双子ちゃん達が可愛かったです。お弁当の事で双子ちゃん達が喧嘩したエピはウルッとしたけど、後は軽くサクサク読める感じ。無理せず周りに助けてもらいながら双子ちゃん達を育ててる宏斗は良かったですね。

  • 二人共に保育士、子供好きで努力家、好感が持てる。双子は可愛いな。

  • サクッと読める、
    どちらかと言うとあっさりアサリ汁系のお話。

    姉の忘れ形見の双子(五歳児男の子)を引き取り
    暮らしている頑張り屋の保育士の小玉宏斗。
    ある日宏斗は子供達のお弁当のおかずにと、
    スーパーの特売に行くが、
    そこで最後のお肉を強面の男に横取りされてしまう!!ε=(>ε<)
    翌日、宏斗の勤める保育園に
    新しい男性保育士・浦原伊澄が入り喜ぶが
    顔を見たら昨日の横取り男ではありませんか!!(*0*;)☆

    家庭環境を考えたら切ないのかもしれないけど、
    切ないとは思えない…(笑)
    ほのぼのした疑似家族物語。
    双子がめんこい。

  • 強面の元ベビーシッター・浦原×甥っ子の双子を育てている保育士の宏斗。
    ほのぼの子育てもの。双子ちゃんが可愛かった。
    強面な見た目に反して子供に人気で優秀な保育士の浦原の不得手部分が意外でよかった。でも努力家なので完璧にしあげちゃうんだな〜すごい。口絵のところも楽しくって。
    楽しく読ませていただきました。

  • ふたごがかわいかったです。

全5件中 1 - 5件を表示

榛名悠の作品

ダブルパパはじめました。 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダブルパパはじめました。 (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

姉の忘れ形見、5歳の双子・羽海と空良を育てている保育士の小玉宏斗は、ある日スーパーで特売品を奪った眼光鋭い大男=浦原伊澄と職場で再会。彼は強面な見た目に反して子供の人気抜群で料理も得意なスーパー保育士だった。料理下手な宏斗をスパルタ教育する浦原だけど、一緒に双子の世話をしたり食卓を囲む内、徐々に家族愛(?)が芽生えてきて…。

ダブルパパはじめました。 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ダブルパパはじめました。 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする